天然スジブトヒラタの産卵セットの割り出し

日が変わってしまいましたが11月5日の福岡県は、晴れの過ごしやすい天気でした。

ただし、夕方の5時半を過ぎるとあっという間に暗くなり、秋の深まりを感じます。

今回は、週末に行った天然スジブトヒラタの産卵セットの割り出しを紹介したいと思います。

天然スジブトヒラタの産卵セットをひっくり返した様子画像は、2018年8月26日に組んだスジブトヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。

産卵用マットから既に大きく育った二齢幼虫が3匹見えます。

スジブトヒラタの産卵方法を紹介したブログ記事>>>

産卵マットの塊を壊して出てきた幼虫産卵マットの塊を壊すと沢山の初齢と二齢幼虫が出てきました。
セットを組んでから2ヶ月以上経過しているので、それなりの大きさになっていました。
※終齢幼虫は、ギリギリ出てきませんでした。

スジブトヒラタの初齢と二齢幼虫スジブトヒラタの初齢(左)と二齢(右)です。

スジブトヒラタの成虫は、大きさの割に横幅があるので幼虫は、本土ヒラタの大きめの幼虫と同レベルのサイズになります。
(上手く育つと終齢のオスで20グラム前後になります。)

下に落ちた幼虫をエサ交換用のスプーンですくい上げてカップに移します。下に落ちた小さな幼虫は、エサ交換用のスプーンで掬って一時管理用のカップに入れると良いです。

産卵木の表面から出てきたスジブトヒラタの幼虫割れた産卵木の表面から出てきた初齢幼虫です。

今回は、クヌギ産卵木LLサイズを使用してみました。

産卵木を割って出てきたスジブトヒラタの幼虫産卵木を割ると大きく育った二齢幼虫が居座って食い尽くしていました。

産卵木の芯に居座っているスジブトヒラタクワガタの二齢幼虫クヌギ産卵木の柔らかめの物を使用したので芯にも二齢幼虫が潜り込んでいました。

スジブトヒラタの割りカスを保管します。産卵に使用したマットと産卵木片は、まだ幼虫や卵が残っている可能性が高いので元の飼育容器(コバエ防止飼育ケース中サイズ)に戻して4週間から1ヶ月ほど保管してから再びひっくり返して幼虫の有無を確認すると良いです。

割りカスが入った容器には、種類や産地などの情報や割り出し日を記載したテープやメモを貼っておくと管理しやすいです。

割りカスは、野外廃棄すると万が一幼虫が残っていた場合、生態系が壊れてしまう恐れがあるので時間を置いて確実に幼虫を採取してから必ず、市区町村指定のごみ袋に入れて回収ごみとして廃棄してください。

今回のスジブトヒラタの幼虫の割り出し結果です。今回のスジブトヒラタの産卵セットの割り出し結果です。
二齢幼虫がメインでしたが24匹の幼虫を採取できました。

スジブトヒラタの幼虫をカップに入れて養生させます。一時保管用のカップ無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れてフタを閉めて4から7日ほど保管(養生)します。

数日保管する理由は、割り出し時に傷が入ってしまったり、虚弱な幼虫を見極めるためです。
保管後に特に問題がなければ二齢幼虫(丸まって1.5センチ前後~10円玉大の幼虫)から優先的にブナ菌糸ビン550ccに投入する予定です。

なお、カップは小さいので幼虫管理用のラベルを張るスペースがありません。
なのでカップに1個(1匹)ずつ種類や産地、割り出し日などの情報を記載したビニールテープかマスキングテープを貼っておくと管理ミスを防げます。
※爆産時は、大変ですが手抜きできません。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>