オキノエラブヒラタの産卵セットの割り出し

週の半ばは、少し肌寒い日が続きましたが週末は暖かくなりそうです。

今回は、先日行ったオキノエラブヒラタクワガタの産卵セットの割り出しを紹介したいと思います。

オキノエラブヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。画像は、2月下旬に組んだオキノエラブヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。

クワガタの幼虫の割り出しのタイミングについて

マットからは、大量の若齢幼虫(初齢と二齢)が零れ落ちて来ました。
既にこの時点で爆産の気配がします。
※リニューアル後の産卵マット恐るべし(汗)

因みに増えすぎると困る場合は、卵が見えた時点で一旦、飼育ケースをひっくり返して親虫(メス)を回収後に再びマットや産卵木をケースに戻して孵化を待つと良いです。

●今回使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)産卵マットクヌギ産卵木(M)x2本です。

オキノエラブヒラタの産卵方法を紹介した記事

マットの中から密集して出てきた初齢幼虫産卵木とマットの間から初齢幼虫が3匹密集した状態で出てきました。

オキノエラブヒラタの二齢と初齢幼虫画像は、オキノエラブヒラタの二齢(左)と初齢(右)です。
二齢の方は、未だ若い(脱皮後、成長途中)状態なので体長は余り変わりませんがこれから更に大きく育って脱皮後に終齢(三齢)になります。

画像のとおり、1回の脱皮で頭部が何倍も大きくなり、それに伴い胴体も大きく育つ事が出来ます。

クワガタの幼虫の成長過程

産卵木の中から出てきた初齢幼虫です。産卵木から出てきた初齢幼虫です。

産卵木は、ドライバーや小型のニッパー(工具)を用いて幼虫を潰さない様に慎重に割ってください。

産卵木の中心付近から出てきた幼虫産卵木の中心付近から出てきた初齢幼虫です。

今回は、何故か産卵木から初齢しか出てきませんでした。

芯の部分から出てきたオキノエラブヒラタの初齢幼虫産卵木の芯の付近に潜り込んでいた初齢幼虫です。

小さな幼虫は、思いがけない様な場所にも潜り込んでいる事があるので勢い余って潰さない様にご注意ください。

オキノエラブヒラタの卵です。こちらは、オキノエラブヒラタの卵です。

卵は、取り出して個別に保管するよりも後ほど紹介する割りカスの中に埋め込んでおいた方が管理が楽で孵化率が高いです。
※孵化しなかったら、割り出し時に既に死んでいた卵と言い切っても良いくらいの確率で孵化します。

オキノエラブヒラタの産卵セットの割りカスです。小さなクワガタの幼虫は、最初の割り出しで全てを回収する事が難しいので割りカス(幼虫回収後のマットと産卵木片)は、再び元の飼育容器に戻して保管しておく事をお勧めします。
その際に出て来た卵も一緒に埋め込んでおくと良いです。

※割りカスが入ったケースには、種類や割り出し日等の情報を記載したメモやテープを貼っておくと良いです。

約4週間から1ヶ月後には、孵化してある程度の大きさまで育っているので再度ひっくり返して幼虫を回収すると良いです。

今回のオキノエラブヒラタの割り出し結果今回のオキノエラブヒラタの割り出し結果です。
38匹の幼虫を回収できました。(爆産です)

カップに無添加虫吉マットを入れて養生させます。一時管理用のカップには、無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて4から7日ほど養生させます。

カップには、幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いのでビニールテープやマスキングテープなどの再剥離可能なテープに種類等の情報と割り出し日を記載して1匹ずつ(カップ1個ずつ)貼っておくと管理ミスを防げます。

養生させた後で二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccに投入します。

2本目の交換時に終齢幼虫になっていればマット飼育に切り替えても大丈夫です。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

月末も連休前の最後の割り出しや羽化チェックを行う予定です。

 

ヒラタクワガタと関連商品一覧>>>

産卵木の販売>>>

産卵に最適!国産プレミアム昆虫ゼリー>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)