トクノシマノコギリの幼虫のエサ交換

今日は、昨日の雹が降った天気が嘘のようにお昼過ぎから気温が一気に上がり、汗ばむ陽気になりました。

北部九州も今週の半ばから20℃を大きく超える予報が出ており、クワガタの幼虫の繁殖場も本格的に冷房を入れる季節になりそうです。

午前中の屋久島産ヒラタのブログでお伝えした三分咲きの桜も見る見る開花して五分咲きに近い状態になっていました。
午前中に公開した屋久島産ヒラタのブログ記事>>>

今回は、トクノシマノコギリの幼虫のエサ(マット)交換を紹介したいと思います。

トクノシマノコギリクワガタの幼虫画像は、1本目(2016年9月7日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc
→2本目(2016年12月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850ccに投入して今回交換を迎えたトクノシマノコギリの大型終齢幼虫です。

昨年の夏に入荷した天然個体のメスを産卵させて産まれた幼虫です

ノコギリクワガタの産卵方法>>>

9月の割り出しは、ブログでご紹介できませんでしたが2016年10月22日にも割り出しを行っているので今年も夏に羽化すると思います。
10月22日のトクノシマノコギリの割り出しの記事>>

今回は、軒並み15グラム前後の幼虫が多かったですが時々18グラム前後の70ミリオーバー予備軍が出てきました。

トクノシマノコギリの終齢幼虫17グラム画像は、トクノシマノコギリの終齢幼虫17グラムです。
直前に測りの上で糞をしてしまったのでボトルから出す前は18グラム前後だったと思います。

因みにこの体重でトクノシマノコギリは、十分に70ミリを狙えます。
※私の記憶が正しければ18グラムで下記の記事の個体が羽化しているはずです。

過去に紹介したトクノシマノコギリ73ミリ羽化の記事>>>

交換リレーは、最初に紹介した16グラムと全く同じです。
※以前もご紹介しましたが虫吉では、100本単位で菌糸ビンやマットボトルを詰めて一斉に投入や交換を行うので同時期に割り出した幼虫は、同じ様な日程の交換タイミングになります。

過去の飼育の経験上、トクノシマノコギリは終齢幼虫で菌糸ビンに入れてしまうと高確率で暴れ(菌床のかき混ぜ)を起こして大きくならないので終齢幼虫になっていたら無添加虫吉幼虫マットでの飼育に切り替えています。(今回は、2本目からです。)

■1本目菌糸ビン550cc(二齢で投入)→2本目マットボトル850cc(終齢で投入)→3本目もマットボトル850ccという交換リレーです。

過去の大型個体も上記の菌糸ビンからマットへの切り替え飼育で作出しています。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

クワガタの幼虫の成長過程の紹介>>>

マットに幼虫を入れる際に役立つシャベルです。マットボトルに幼虫を投入する際は、画像の菌糸ビン用シャベルを用いると簡単に穴を掘る事が出来ます。
※菌糸ビンだけでなく超固詰めのマットでもザクザクと簡単に掘れます。

マットボトルにトクノシマノコギリの幼虫を投入!後は、掘った穴に交換用スプーンを用いて幼虫を入れるだけで簡単に潜って行きます。

後は、蓋を閉めて夏の大型個体の羽化を待ちたいと思います。

クワガタの幼虫のエサ交換の方法>>>

 

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>>  ◆菌糸ビンの販売>>