クロシマノコ、トクノシマノコの割り出しと超長寿の天然アマミノコ

週末の九州北部(福岡県福津市)は、生憎の雨模様で少し肌寒い一日です。
10月も下旬なので週明けから一気に涼しくなり秋が深まりそうです。

今日は、夏に産卵セットを組んだクロシマノコギリトクノシマノコギリ産卵セットの割り出しを行いました。
※ノコギリクワガタは、個体差にもよりますが産み出しが遅い事が多いので少し長めに引っ張りました。

クワガタの産卵セットの割り出しタイミングについて>>>

クロシマノコギリの産卵セットの底
画像は、8月に組んだクロシマノコギリの産卵セットの底の様子です。
※初齢と二齢がメインです。

使用した飼育用品は、コバエ防止Beケース(中)産卵用マットクヌギ産卵木Mサイズ

過去に紹介したクロシマノコギリの産卵方法>>>

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

クロシマノコギリクワガタの産卵セットを引っくり返した様子
引っくり返してみると表面だけでも10匹以上の幼虫が見えます。

マットの中から出て来た幼虫
マットの中からも初齢幼虫が出て来ました。

クロシマノコギリの割り出し結果
合計で27匹の幼虫が出て来ましたが未だ何個か卵が残っていたので後から割りカスの中から出て来ると思います。
※卵は、割りカス(割った後のマットや朽ち木片)と一緒に飼育容器に戻しておくと勝手に孵化するので3週間ほど経過してから再び回収すると楽です。

割り出した幼虫は、一時管理用カップ(画像の容器)に無添加幼虫マットを固めずに入れて4から5日ほど養生されてから二齢幼虫になった物からクヌギ菌糸ビン550ccに投入する予定です。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

トクノシマノコギリの産卵セットの底の画像
こちらは、同じく8月に組んだ天然トクノシマノコギリ産卵セットの底の画像です。
若齢幼虫(初二齢)が密集しています。

トクノシマノコギリの産卵セットを引っくり返した様子
こちらは、初齢と二齢幼虫に加えて卵(中央上)も見えます。

マットから出て来た徳之島ノコギリクワガタの幼虫
マット中からも幼虫が出て来ました。
左の幼虫は、頭部の大きさから二齢幼虫のオスと思われます。
※残り2匹(画像中央付近とやや右)は初齢幼虫です。

トクノシマノコギリの初齢と二齢幼虫
因に左が初齢(卵から孵化して最初の幼虫)、右が二齢幼虫(初齢が脱皮した幼虫)です。
※二齢が脱皮すると次は終齢幼虫(三齢幼虫)と呼ばれ、その次の脱皮がサナギになる時です。
幼虫は、脱皮を繰り返す度に見違える様に大きく育ちます。

トクノシマノコギリクワガタの割り出し結果
今回の割り出しでは23匹の幼虫が回収出来ましたが卵を10個以上割りカスの中に残しておいたので3から4週間後には、更に幼虫が出てくると思います。

こちらも先ほどのクロシマノコギリの説明と同じ様に4から5日後に二齢幼虫になった物から菌糸ビン550ccに入れる予定です。
※1本目菌糸ビン→2本目以降マット飼育で上手く大型が狙えます。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>

話は変わりますが以前(2016年1月13日)にご紹介した越年した天然アマミノコギリクワガタのメス(4匹)のうち1匹が今も未だ生きています。

2016年1月13日に紹介した長寿のクワガタ達の記事>>>

※昨年、2014年の夏の採集した天然ノコギリクワガタのメスが翌年の9月まで生きていた事が有りましたが更に天然採集品のご長寿のパーソナルベストを更新していますのでご紹介します。

2015年8月に入荷した天然アマミノコギリのメス36ミリ2015年8月に入荷した天然アマミノコギリのメス(36ミリ)です。
既に入荷後、1年以上経過しています。
産卵せずに通年で18から23℃の繁殖場の中で飼育しています。
※少し左アゴの動きが悪くなってしまいましたが2016年10月22日夜7時の時点で生きています。(流石に動きは緩慢になってしまいましたが・・・)

にわかに信じがたい現象ですがアマミノコギリは、日本のノコギリクワガタの中で一番長く生きる種類なので発生時期(一時発生ではなく二次発生個体)の場合、飼育下のエサが年中ある環境なら長く生きれるのかもしれません。
※一時発生とは、晩夏から秋に羽化して越冬後の翌年初夏に出て来る個体、二次発生とは、初夏に羽化して梅雨明け後の気温が高い時期の夏(7月下旬から8月)に出てくる個体を一般的に指します。
九州産の産卵木の販売>>>

コバエ防止飼育容器Beケースの販売>>>

産卵に最適!プレミアム国産昆虫ゼリー>>>