トクノシマノコギリ、アマミノコギリなど最新羽化のクワガタの紹介

前回の更新から少し間隔が空きましたが9月最初の更新です。

9月になった途端に夏の猛暑が嘘の様に涼しくて過ごしやすい気候に変わりました。
今年の9月は、雨の日が多いので晴れた日の夜間は、一人で草むらに出かけてマツムシ採集を行っています。※毎年9月の恒例ですが。
見つけにくくて素早いので採集心に火が付きます。
(油断すると直ぐに草むらの中に潜り込んで逃げてしまいます。)

話は、クワガタに戻りますが今回は、8月最新羽化の個体を少しだけ紹介したいと思います。

トクノシマノコギリ72ミリ画像は、8月最新羽化のトクノシマノコギリのオス72ミリの大型個体です。
スーパーレッド(超赤)タイプの綺麗な個体です。

昨年入荷した天然のメスで産卵セットを組んで生まれた幼虫を育てて羽化させました。

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年11月17日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月11日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年6月中旬に蛹室(蛹の部屋)を作っていたので3本目の交換を行っていません。(少しズボラ気味の飼育になってしまいました)

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)によるサイズロスを防ぐ為に無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えています。

無添加虫吉幼虫マットは、劣化が遅く、添加剤を一切使用せずに発酵させていますので添加マットと異なりボトル内で腐敗を伴う発酵ガスや発酵熱が発生しないので固く詰め込んでいただいても安心安全な昆虫マットです。

固く詰め込んでいただいた方が交換頻度を確実に4ヶ月に1回に落とす事が出来るので幼虫へのストレスや負担も軽減できます。

ボトルへのマットの詰め込みが弱いと途中で緩んでしまい糞食や肥大化蛹室を作ってしまいアゴが変形したり起き上がれずに羽化不全を起こしやすくなるので注意が必要です。

なお、水を加えると極端に劣化が早まってしまいますので無加水でご使用ください。

画像のクワガタは、先ほどサイトにアップしました。

アマミノコギリ75ミリこちらも8月最新羽化のアマミノコギリクワガタの極太水牛75ミリ(限りなく76ミリに近いサイズ)の特大個体です。

昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てました。

アマミノコギリの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年11月17日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月11日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年6月25日に前蛹(蛹に変化する直前段階の状態)になっていたので3本目の交換なし。

2本成りでこのサイズは、違った意味で凄いかもしれません。

こちらの個体も先ほどホームページにアップしました。

実は、75ミリの個体は、もう1匹羽化しています。

アマミノコギリ75ミリこちらも8月最新羽化のアマミノコギリ75ミリです。※75.5ミリを超えています。

エサ交換のリレーは、先ほどの個体とおなじです。
どちらもアゴが湾曲してガッチリ系の良型の個体です。

こちらは、週末以降に出品予定です。

国産ノコギリクワガタ66ミリこちらは、8月最新羽化の国産ノコギリクワガタ66ミリの大型水牛タイプのカッコ良い個体です。

昨年の夏に採集した天然のノコギリクワガタを産卵させて産まれた幼虫を育てました。

ノコギリクワガタの産卵方法

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。
※今回は、1本目に菌糸ビンを用いました。

・1本目(2017年9月22日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月9日、終齢幼虫11グラム):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年6月28日に前蛹になっていたので3本目の交換なしです。

今年は、年明けから2月まで暖房が効き過ぎたので2本成りのオスが多いですが全体的に大きいです。

画像のノコギリクワガタは現在販売中です。

ダイトウヒラタ56ミリこちらは、8月最新羽化のダイトウヒラタ(南大東島)56ミリの大型個体です。

この種類は、元々が小型で赤みが強い発色の種類ですが大型個体は、独特の形になり面白いです。
※胴体が大きいですがアゴが余り大きく発達しないので【小さな重戦車】みたいな雰囲気になります。

ダイトウヒラタの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年10月20日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月20日、終齢幼虫11グラム):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年6月25日に前蛹に成っていたので3本目の交換なしです。
同時期に採取した幼虫(兄弟)の蛹化が春から初夏に始まったので交換を延期して静観しましたので思いっきりズボラ飼育になってしまいました。

今回、紹介したダイトウヒラタも先ほどホームページにアップしました。

9月になってから秋の蛹化ラッシュが始まっていますので面白い個体が羽化していたら紹介したいと思います。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>