チョウセンヒラタクワガタの産卵セットの割り出し

今日の福岡県福津市(九州北部)は、20℃を超え梅雨の様な蒸し暑い雨の天気です。
※昔から『菜種梅雨』という言葉がある様に4月の上旬は、こういった天気が多いのかもしれません。

先日、少し紹介した近所の桜も既に満開を迎え、今回の雨と風で週明けには散り始めるかもしれません。

虫吉が育てている森のどんぐりの木も枝先から薄緑色の葉っぱが少しずつ見え始めています。

今日は、夕方に割り出しを行ったチョウセンヒラタ産卵セットの様子をお伝えしたいと思います。

チョウセンヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

チョウセンヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。画像は、2月上旬に組んだチョウセンヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。
※右上には、既に二齢まで育った幼虫がいます。

今回、使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育容器Beケース(中)産卵用マットクヌギ産卵木(M)ホワイト高たんぱくゼリーエキストラバナナ昆虫ゼリー(超高たんぱく)などです。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

寒い季節の産卵は、エアコンで空調管理を行っても朝晩の冷え込みで温度が下がる事が多く、休眠してしまい産卵効率が悪くなります。
※産卵木のセットから割り出しまでに2か月近く掛かる事も多いです。

クワガタの産卵セットの割り出しタイミング>>>

常温飼育の際、ヒラタクワガタの仲間の産卵は、自然界でクワガタの発生が始まる5月中旬以降から開始されると良いです。
ヒラタクワガタは、梅雨の走りと呼ばれる季節から少しずつ発生が始まりますのでそのタイミングから8月一杯までのセットがベストです。

マットから見える卵と幼虫産卵用マットの底の角の部分から幼虫や複数の小さな卵が見えていました。

孵化したばかりのチョウセンヒラタの初齢幼虫こちらは、卵から孵化して間もない超ミニマム級サイズの初齢幼虫です。
チョウセンヒラタ自体が国産コクワくらいの大きさなので画像の幼虫は2ミリあるか無いかのサイズです。

マットから出て来たチョウセンヒラタの幼虫マットの塊を壊すと中から若齢幼虫が出てきました。
※一番上の大きな物が二齢幼虫、真ん中と下が初齢幼虫です。
大きさ的には、5ミリから10ミリ前後の幼虫が多かったです。

幼虫をスプーンですくって運びます。幼虫は、デリケートなので手で摘まんだりせずに写真の様に幼虫飼育用のスプーンを用いて一時管理用のカップに移すと良いです。

チョウセンヒラタクワガタの卵を割りカスの中に埋め込みます。基本的にクワガタの産卵セットは、一発割り出し全回収が困難なので割りカス(産卵セットに用いたマットと産卵木の屑)を4週間から1ヶ月ほど元の飼育容器(Beケース)に戻して保管しておく必要があります。
(基本的に割りカスは、1か月後にひっくり返して幼虫を再回収しています)

その際に、出て来た卵も一緒に埋め込んでおいて大丈夫です。
※但し、割りカスのマットは固めないでください。

個別にタッパーやカップで管理されるよりも孵化率も普通に高く、Beケースだと乾燥や加水の心配も無く本当に楽です。

コバエ防止飼育容器Beケースの販売>>>

産卵木から出て来たチョウセンヒラタの二齢幼虫産卵木の中から出て来たチョウセンヒラタの初齢幼虫です。
細い食痕(食べ進んだ痕)が見えま。

産卵木の中の二齢幼虫こちらの画像は、二齢幼虫です。
二齢になると体も大きくなるので食痕も大きくなります。

産卵木の中で脱皮中の二齢幼虫こちらは、産卵木の中で脱皮したばかりの二齢幼虫です。
お尻には、初齢から二齢に脱皮した際の抜け殻が付いています。

まだ、頭部は白っぽいですが時間の経過とともに徐々に固くなり、オレンジ色へ変わって行きます。

今回の産卵木は、少し柔らかすぎてノコギリ向きの軟材だったのでイマイチでしたが何とかボウズにならずに済みました。

因みに最初から柔らかい産卵木をヒラタクワガタに使ってしまうと長期間マットに埋め込んだままの間に水分を吸って更に柔らかくフニャフニャに朽ちてしまい、スルメの様に繊維に沿って手で簡単に裂ける状態になってしまう事もあります。
スルメ材(スルメちゃん)と呼んでいますが、こうなると産卵木には見向きもしてくれない場合も多いです。

産卵木は、硬すぎもダメですが柔らかすぎても結果が出ない場合(種類)もあるので極端な物は避けていただいた方が良いです。
※軟材も根食い系と呼ばれるノコギリクワガタの仲間には最適ですが・・・

色が違うチョウセンヒラタの幼虫因みに幼虫の体色のお問い合わせをいただく事が有りますが産卵木(朽木)を食べていた幼虫は、左の様に肌色っぽくなります。

一方、マットを食べていた幼虫は、右の様に黒っぽくなります。
但し、腸内に溜まった直近に食べたエサが透けて見えているだけなので異常では無いのでご安心ください。※一時的です。

割りカスをBeケースに戻します。前述のように割りカスは、卵と一緒に戻して1ヵ月後に割り出す予定です。
※勿論、飼育容器には、種類と最初の割り出し日を記載しておく必要があります。

チョウセンヒラタの幼虫の割り出し結果今回の幼虫の回収は、20匹でしたがBeケース内の埋め戻した卵が20個以上あったので最終的には40匹前後の数になると思います。

因みに産卵セットを放置するとメスが幼虫を食べてしまうので早めに割り出す事が多いですが最初の割り出しよりも1ヵ月後に割りカスをひっくり返した方が沢山の幼虫が出てくる事が有ります。

話は変わりますが今年の2月9日に紹介したタカラヒラタの割りカスからは、40匹以上の幼虫が出て来て来ました。
2月9日のタカラヒラタの割り出しの記事>>>

最初の割り出しで21匹、割りカスの中から40匹以上だったので1匹のメスが60個以上の卵を産んだ事になります。(大爆産です。)

チョウセンヒラタの幼虫をカップで養生させます。採取した幼虫は、カップに無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れた物の中で5日ほど養生させて二齢幼虫になった物からクヌギ菌糸ビン550ccもしくはブナ菌糸ビン550ccに投入予定です。
初齢のままだった場合は、二齢になるまで更に数日待ってから菌糸ビンに入れます。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

産卵木の販売>>  ・昆虫マットの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>


チョウセンヒラタクワガタの産卵セットの割り出し” への2件のコメント

  1. 未開封のむしきちマットボトルはいつごろまで使用できますか?

    • コウチャン様

      いつもコメントありがとうございます。

      マットや菌糸ビンは、中身のバクテリア(微生物)や菌糸が絶えずオガクズを分化しているので基本的に使用、未使用に関係なく使用期限や交換期限がございます。

      一般的に使用期限、交換期限は、菌糸ビンが2から3ヶ月。マットは3から4ヶ月以内がベストです。
      ※幼虫用マット及びマットボトルの商品ページ内にも推奨使用期限を明記しておりますので、そちらを参考にしていただけると助かります。

      宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。