ゴトウヒラタ(宇久島)の羽化状況【2017年6月】

九州北部は、先日(6月6日)にほぼ平年通りの梅雨入りをしました。

今日は、久し振りに晴れの天気になりました。

但し、昨年よりも少し気温が低く、野外のクワガタの活性はイマイチの様です。

今週は、現在進行中の5月中旬から下旬に掛けて羽化したクワガタをご紹介したいと思います。

ゴトウヒラタ(宇久島)72ミリ画像は、最新羽化のゴトウヒラタ(宇久島)72ミリのガッチリとしたカッコいいオスです。

今月羽化の個体は、商品の参考画像よりも太くてドッシリとした感じの個体ばかりです。

昨年の夏に産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てて羽化させました。

ゴトウヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年4月10日に前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっていたのでエサ交換無しです。(2017年5月25日羽化です)

クワガタの幼虫の成長過程の紹介>>>

※2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(掻き混ぜ行動)による激縮みを回避する為に無添加虫吉幼虫マットを用いてストレスを与えない様にじっくりと育てました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

ゴトウヒラタ(宇久島)70ミリこちらも同じく宇久島のゴトウヒラタ70ミリのガッチリ系のオスです。

ゴトウヒラタは、ツシマヒラタイキヒラタ本土ヒラタのいずれかの中間的な個体が多いです。(※勿論、細長いアゴの個体も存在します。)

■エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月6日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→少しズボラ気味になってしまいましたが3本目の交換無しで2017年4月10日に前蛹になっているのを確認しました。(2017年6月1日羽化)

ゴトウヒラタ(宇久島)73ミリこちらの画像も最新羽化のゴトウヒラタ(宇久島)73ミリです。

バランスが良い個体だと思います。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年8月27日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年4月10日に前蛹になっているのを確認→2017年5月24日羽化です。

2本目からは、冒頭の個体の説明のとおりマット飼育へ切り替えています。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ゴトウヒラタ(宇久島)74ミリこちらも同じく宇久島のゴトウヒラタ74ミリです。

流石にこのサイズになるとパーツが太くなって迫力が出てきます。
※74ミリは、もう1匹羽化していました。

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年9月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月5日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年4月11日に前蛹になっているのを確認→2017年5月25日羽化です。

ゴトウヒラタ(宇久島)75ミリこちらは、6月1日羽化のゴトウヒラタ(宇久島)75ミリの特大のオスです。
※現時点では、75ミリですが際どい場合は74ミリでの販売になるかもしれません。

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年4月10日に前蛹になっているのを確認。

羽化して間もない新成虫の飼育管理には、フカフカ粒子で昆虫に優しいココパウダーマットが便利です。

今回ご紹介したクワガタは、メスの羽化確認次第になりますが早ければ今月中に販売できると思います。

ゴトウヒラタの販売コーナー>>>

ヒラタクワガタの商品一覧>>>

昆虫マット販売>> ●菌糸ビン販売>>


ゴトウヒラタ(宇久島)の羽化状況【2017年6月】” への3件のコメント

  1. おはようございます。
    ひとくくりに五島と言っても 宇久島と小値賀と中通島って少し離れてますよね?
    ヒラタってあまり飛ばないイメージがあるのですが、宇久のものと、中通島のものと、福江のものとでは 違いって出ないのでしょうか?

    • 松村様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      クワガタは、飛来(飛行)によって分布が広がっている様に思われる方も多いと思います。
      但し、ヒラタクワガタに関しては、太古の昔に災害時に倒れた大量の流木と共に流出して少し離れた島々に漂着して独自の進化を辿っているとされています。
      ※大きな災害や地震、津波の度に繰り返されているとも言われています。

      クワガタに限らず殆どの生物が種が定着して人類の歴史以上の年月が既に経過していると思います。
      長い年月の間にその土地の気候や植生、生態系に合わせて独自の進化を行っているはずです。
      五島は、地名と異なり実際は大小合わせると無数の島が密集しているのでクワガタの個体毎の形の変異は、個体差(その個体の血筋)のレベルなのかもしれません。

      • こんにちは、
        確かに、言われるその通りだと思います。
        顕著に表れるほど、そんなに違いはない・・・・かもしれない で 理解します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)