アマミノコギリの割り出しと2017年入荷の長寿の天然のメス

11月も半分が過ぎ、急に朝晩が寒くなり始めました。

クワガタの冬支度(冬眠)も間近だと思います。

今日は、今週の頭に行った天然のアマミノコギリの産卵セットの割り出し結果と昨年2017年7月に入荷した長寿のメスの紹介をしたいと思います。

アマミノコギリの産卵セットを割り出した様子画像は、今年の9月に組んだ天然アマミノコギリの産卵セットをひっくり返した様子です。

今年、リニューアルした産卵マットは、マットへの産卵効率が昨年までのバージョンより数段にアップしている様に思います。

ちなみに今回は、クヌギ産卵木(M)を1本のみ使用しました。

詳しい産卵方法を紹介した記事です。>>

マットの塊から出てきたアマミノコギリクワガタの卵マットの塊から出てきたアマミノコギリの卵です。

11月にも関わらず産卵しているのですごいの一言です。

孵化したばかりのアマミノコギリの初齢幼虫こちらもマットの中から出て来た孵化したばかりの小さな初齢幼虫です。

アマミノコギリの大きな頭のオスの二齢幼虫マットの塊から顔を出した巨頭(ビッグヘッド)のオスの二齢幼虫です。

大型化する因子を持つ幼虫は、二齢の時点で頭部が異常に発達している事が多いです。

アマミノコギリの二齢と初齢幼虫アマミノコギリの二齢(左)と初齢(右)です。

1回の脱皮の差で頭部の大きさや胴体の太さが何倍も変化します。

さらに終齢になると大人と子供以上の差が出ます。

クワガタの成長過程を紹介したページです。>>

産卵木の中のアマミノコギリの幼虫です。今回の産卵セットは、主にマットから幼虫が出て来ましたが産卵木の中からも幼虫が出て来ました。

※画像は、食痕(食い進んだ痕)を残している初齢幼虫x2匹です。

割カスを元の飼育容器に戻します。割り出した後のマットと産卵木片(割カス)は、再び元の飼育ケースに戻して4週間から1ヶ月ほど保管してから再びひっくり返して幼虫の有無を確認して廃棄してください。

割り出し時に出て来た卵も一緒に埋め込んでおくと勝手に孵化するのでオススメです。
※回収してカップなどで管理するよりも孵化率が高いです。

割カスを野外に廃棄すると万が一、幼虫や卵が残っていた場合、生態系に悪影響を及ぼすので必ず、市町村のゴミ袋に入れて回収ゴミに出してください。

なお、割カスの容器には、テープやメモに種類や産地、割り出し日などの情報を記載して貼っておくと確実に管理ができます。

アマミノコギリの産卵セットの割り出し結果です。今回のアマミノコギリの割り出し結果です。

23匹の幼虫が出て来ました。

まだ、割カスの容器に卵が残っているので最終的にはもう少し多くなるかもしれません。

カップに無添加幼虫用昆虫マットを入れて保管します。一時管理用のカップには、無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れて傷や虚弱な幼虫の有無を確認するために4から7日ほど養生させます。

数日経過して問題が無ければ二齢幼虫から優先的にブナ菌糸ビン550ccに投入する予定です。

※なお、カップは、小さ過ぎて幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いのでビニールテープかマスキングテープ(どちらもホームセンターで取り扱いあり)に種類や産地、割り出し日などの情報を記載して面倒でも1個(1匹)ずつ貼っておくと管理ミスを防げます。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

ここからは、今回の産卵セットとは関係がありませんが、以前から何度か登場している2017年7月に入荷した長寿の天然アマミノコギリのメスを紹介したいと思います。

2018年11月15日時点の長寿のアマミノコギリのメス。2017年7月上旬に入荷して現在(2018年11月15日)も生き続けているご長寿の天然アマミノコギリのメス33ミリです。

国産プレミアム昆虫ゼリーのみを与えています。

今年の7月29日のブログでも紹介した個体です。
※残念ながらノコギリクワガタのオス(田川産)の方は、お盆前に死んでしまいましたが採集から丸々1年も生きてくれました。

こちらの方は、2回目のお正月を迎えてくれる事を願っています。
(今年も残り1ヶ月半です。)

過去に紹介した2回目のお正月を迎えた天然アマミノコギリのメスの記事です。>>

おそらく、アマミノコギリの長寿飼育ギネスだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください