タカラヒラタクワガタの産卵方法(産卵セット)

タカラヒラタクワガタ今回は、タカラヒラタクワガタの産卵方法の紹介をしたいと思います。
タカラヒラタは、鹿児島県十島村のトカラ列島南部の宝島(奄美大島の北北西)に生息するヒラタクワガタの亜種です。

大型個体になるほどアゴの太さや体の厚みが出てカッコ良くなるので人気が有ります。
現在は、一般採集が禁止になっている種類なので繁殖品のみの販売になっているクワガタです。(九州のヒラタクワガタでは、唯一採集禁止の種類です)

寿命は羽化後3年ほどですが産卵は、羽化してから3もしくは4ヶ月以降の方が効率が良いです。

産卵推奨温度は、25℃前後がベストなので常温飼育の場合は5から9月が良いです。
※出来れば6月から8月に産卵セットを組むと良いです。
それ以外の季節は、加温飼育で産卵可能ですが環境次第では決して効率が良くないので余りお勧めしません。
晩夏から冬の羽化で9月までの産卵に間に合わなかった場合、寒い場所で越冬後の産卵をお勧めします。
※トカラ列島は、温帯に属する気候と亜熱帯に属する気候の境界なので真冬は寒い場所ので低温越冬後の産卵でも効率が良いです。

それでは、実際の産卵方法の手順を紹介したいと思います。

タカラヒラタの産卵に必要なアイテム産卵に必要なアイテムです。

コバエ防止飼育容器Beケース(中)
産卵用マット
クヌギ産卵木(L) ※クヌギ産卵木(M)でもOKです。

産卵木を加水します産卵木をバケツに入れて加水しています。
加水前の産卵木は、乾燥していて軽いのでプカプカと浮かんでしまうので重しをして沈めると良いです。

産卵木に重しをします産卵木に重しをして沈めている様子です。
※画像は、漬物用の重しを使用していますがレンガや石、水を入れた洗面器やペットボトルを上に乗せても大丈夫です。

この状態で2から3時間もあれば加水が完了します。

産卵木の水切りです。
産卵木の水切りの様子です。
日光が当たらない場所で6から8時間ほど日陰干しをするだけで大丈夫です。
※画像の様にカゴやザルに乗せて地面から上げると効率良く乾燥します。

産卵木の樹皮を剥がします
産卵木の樹皮を剥がしている様子です。
ステーキナイフを使うと効率良く安全に剥がせます。

樹皮を完全に剥がした産卵木
産卵木の樹皮は完全に剥がしてしまって大丈夫です。

Beケース(中)に産卵マットを入れます
次にBeケース(中)に産卵マットを入れます。
飼育容器の4割くらいまでマット(固めない状態で)を注いで一旦入れるのを止めます。
※上記の分量は、産卵木の太さにもよりますが丁度1袋(4リットル)で産卵セットを組める目安の量になります。

マットプレスでマットを固めます
飼育容器の割れに注意しながらマットプレスで入念にマットを固めて行きます。
※容器の下には、割れ防止の為に玄関用の足拭きマットを敷いています。
(四つ折りの新聞紙や古雑誌でも代用可能です)

マットを固めた横からの状態
マットを固め終わった後の横からの画像です。
概ね底から3から5センチくらいに固い層が出来る感じで大丈夫です。

産卵木を上に乗せます
固めたマットの上に産卵木を置きます。
画像の様に横向きに入れると綺麗に収まります。

残りの産卵マットで産卵木を埋め込みます
残った産卵マットで産卵木を埋め込みます。
溢れない様に注意して全部入れて使い切って大丈夫です。

手で軽く押さえて隙間を埋めます
飼育容器の側面と産卵木の間に出来た隙間を軽く抑えて埋めます。
この部分は、酸欠防止の為にカチカチに固める必要は有りません。

タカラヒラタの産卵セットの出来上がりです
タカラヒラタクワガタの産卵セットの出来上がりです。

直ぐにオスとメスを入れても大丈夫ですが確実にペアリング(交配)をさせる為に下記の方法をお勧めします。

タカラヒラタのペアリングです
Beケース(ミニ)などの小さな容器に5から7日ほどオスとメスを一緒に入れて確実に交配させると産卵効率が上がります。
ワイドカップ用1つ穴エサ皿超高たんぱくワイドカップセリーをセットして与えています)

但し、ヒラタクワガタの仲間は、力が強くメスを挟んで傷付けたり殺してしまう事故が発生する事も有りますので画像の様にオスのアゴを園芸用の樹脂加工の針金で縛る事をお勧めします。
クワガタのオスのアゴ縛りの方法>>>

数日後メスのみを産卵セットに投入します
交配済みのメスのみを産卵セットに投入します。
飼育容器には、転倒防止のクヌギの落ち葉、エサの昆虫ゼリーを入れます。
エサ皿は、スペースに応じてお好みで構いません。

季節や気温によって産卵する迄の速度が異なりますが1ヶ月経過しても卵や幼虫が見えない場合は再びオスを3日ほど入れてください。

産卵セットの割り出しのタイミング>>>

タカラヒラタの割り出しに関する記事>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

クワガタの産卵用品の販売>>>

産卵に最適!国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


タカラヒラタクワガタの産卵方法(産卵セット)” への2件のコメント

  1. 大変参考となりました。
    昨年購入したタカラヒラタは、現在、越冬中なので春になったら、セットを組んでみようと思います。

    • ひで様
      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      タカラヒラタは、無加温飼育の場合は梅雨入り前後がお勧めですが概ね23から25℃を超え始めたら産卵可能だと思います。
      ※産卵セットを組むのが早過ぎると気候が安定してから産卵が始まるので少し時間が掛かってしまう傾向があります。
      飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

      本年も宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。