ヤマトサビの産卵セットの割り出し(爆産)

あっという間に今年も5月に入り、こちら福岡県でも日中の気温が25℃を超える汗ばむ陽気でした。
但し、空気が乾燥しているので日が沈むと肌寒く感じます。

今日は、ゴールデンウィークの連休前に幼虫が見えずに放置状態だったヤマトサビクワガタ(ヤマトサビ)の産卵セットの割り出しを行ってみました。

ヤマトサビの産卵セットを紹介した記事>>>

※過去に毎回爆産させて割り出しとマットボトル詰めが大変になるので1月31日にコナラ産卵木を1本だけ産卵マットに埋め込んでセットしました。
但し、当時何故か2セット組んでしまったみたいです・・・(汗)

今年の1月31日にセットして3ヶ月経過した産卵セットですがヤマトサビは、潜ったまま音信不通になる事が多く本当に不思議系のクワガタです。
※勿論、今回も音沙汰無しだったので違った意味(生存ではなく爆産に警戒)で恐る恐る割り出しました。

勿論、ヤマトサビは現在採集禁止の希少種なので飼育下の繁殖品同士の交配品です。

容器をひっくり返して出て来たヤマトサビの幼虫容器をひっくり返してみると産卵木にへばり付いた幼虫が早速出てきました。

ヤマトサビは、産卵セット投入から産卵を始めるまでに数ヶ月掛かる変わったクワガタなので使用する産卵木は、最初から柔らかすぎる物を使ってしまうと埋め込んでいる間に朽ちすぎて軟材(手で簡単に避けてしまう状態)になってしまい上手く行かない事が多いです。
オオクワガタに適したコナラの産卵木が丁度良い感じです。
(ご購入時にお申し付けいただけると選別可能です。)

産卵木を少し割って出て来たヤマトサビの幼虫です。産卵木の表面を少しだけ割ってみると二齢幼虫が転げ落ちてきました。
※この時点で(爆産の)雲行きが怪しい感じでした。

食痕と共に現れたヤマトサビの幼虫産卵木の表面には、食痕と共に小さな初齢幼虫が見えます。

産卵木を割って出て来たヤマトサビの幼虫思い切ってマイナスドライバーで真っ二つに割ってみると産卵木の芯の付近まで喰い進んだ幼虫が見えます。

ヤマトサビの二齢と初齢幼虫です。少し分かりにくいですが左の小さな幼虫が初齢、右の大きな幼虫が二齢です。
※初齢は、確実に5ミリ未満です。二齢でも1センチ未満の場合が多いです。

ヤマトサビの卵と初齢です。ヤマトサビの卵と初齢(卵の右隣)です。
※大きく見えますが実際は、デジカメで撮影するのが困難な大きさです。
(超接写です。)

卵は、回収すると逆に管理が面倒なので割りカスと一緒に飼育容器に戻して埋め込んでおくと勝手に孵化して育つので1か月後に回収した方が楽です。

クワガタの成長過程について>>>

産卵木の薄い破片から出て来た幼虫勿論、幼虫が小さいので産卵木の薄い破片の中にも幼虫が入り込んでいます。

産卵木から出て来たヤマトサビの幼虫反対側の面にも幼虫(二齢)が出てきました。

沢山の写真で紹介しましたが全部1本から出て来た幼虫です。
ヤマトサビは、産卵木に産卵する傾向が強いので小さな幼虫が所狭しと潜り込んでいます。

割りカスを容器に戻して保管します。ヤマトサビは、小さいので1回の割り出しで全回収が不可能に近いです。
割りカス(産卵木の破片とマット)は、再び飼育容器に戻して約1か月後にひっくり返して幼虫を回収すると良いです。

最初の割り出しで出て来たヤマトサビの幼虫最初の1セット目は、24匹の幼虫(卵は除く)が出てきました。
※卵も多かったです。

ヤマトサビの幼虫をカップで保管します。採取した幼虫は、一時管理用カップ無添加虫吉マットを固めずに入れて5日ほど様子を見てからボトルに投入します。
幼虫飼育ボトル550ccに無添加虫吉マットをマットプレスを用いて超固詰めすれば1本成り(交換無しで羽化)も可能です。

 

続いては、2セット目の割り出しの様子をサクッと紹介します。
※こちらは、大爆産でした。

ヤマトサビの2セット目の産卵木こちらは、2セット目のヤマトサビの産卵木です。
いつもの様にマットには幼虫の気配がなく、容器の外からも幼虫が全く見えていませんでした。

画像のとおり、少し割っただけで無数の食痕が走っており沢山の幼虫が見えます。

産卵木から出て来た無数のヤマトサビの幼虫産卵木から出て来た幼虫の殆どが初齢幼虫で産卵木の表面付近(浅い層)に鈴なり状態でした。

小さな破片の中にも沢山の幼虫が潜り込んでいました。産卵木の小さな破片の中にも普通に2から3匹の初齢幼虫がいました。

卵や小さすぎる幼虫は、面倒なので割りカスと一緒に飼育容器に戻しました。

2セット目のヤマトサビの割り出し結果2セット目は、45匹の幼虫(卵は除く)を回収しました。
今回も爆産でした(汗)

※1セット目24匹、2セット目45匹で合計69匹の幼虫が出てきました。
(卵やド初齢は、割りカスの中に戻したので除く)

幸い幼虫が若かったので連休明けにマット詰めの作業を行う予定です。

そう言えば、前回(2016年の5月)の割り出しで紹介したヤマトサビの幼虫の蛹化が漸く始まりました。
2016年5月24日のヤマトサビの割り出し記事>>>

夏には販売できると思います。

 

クワガタの産卵セットの割り出しのタイミング>>>

産卵木の販売>>> ●昆虫マットの販売>>>

産卵に最適!国産昆虫ゼリーの販売>>>


ヤマトサビの産卵セットの割り出し(爆産)” への2件のコメント

  1. ヤマトサビクワガタは本当に不思議なクワガタですね。当方も虫吉さんから購入したものの子孫が羽化し、大変賑やかです。ケースの底や側面に全く幼虫が見えなかったので、諦め気味にケースをひっくり返したのですが、十数頭程度の幼虫を得たものが、今に至っています。昨年に産卵した親も健在なので、今年もセット組みますよ。いつも安定して購入できるマットにも特に感謝しています。長文なうえ、乱文になってしまいましたが、これからもよろしくお願いいたします。
    ブログ楽しみにしています。

    • ひで様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      ヤマトサビは、産卵セットに入れてしまうと「生きているのか死んでいるのか」では無く「ペアが入っているのか入っていないのか」と疑ってしまうほど不思議系です。
      ライフサイクルがヒラタクワガタに近いので新しく羽化した個体も夏を迎えると産卵可能になると思います。

      今後とも宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。