オオクワガタやイキヒラタ等の産卵セットの割り出し

10月も中旬になり、夏の終わりから秋にかけて組んだクワガタの産卵セットの割り出しを行いました。

オオクワガタの産卵木
こちらは、オオクワガタの産卵セットに用いた産卵木です。
※主にクヌギ産卵木Lサイズもしくはコナラの産卵木を使っています。
産卵木の至る所に入っている傷がオオクワガタのメスが産卵した痕(産卵痕)です。

産卵木から出て来たオオクワガタの幼虫です
マイナスドライバーを刺して割って行くと食痕(幼虫が食い進んだ痕)と共に小さな初齢幼虫が数匹出て来ました。

産卵木を割って出て来たオオクワガタの二齢幼虫
こちらは、別の産卵セットから出て来たオオクワガタの幼虫です。
真ん中の少し頭が大きな幼虫は、二齢幼虫です。
秋の産卵セットなので若干効率が悪くなりますが1セット当たり15から20匹程度の幼虫が出て来ました。

オオクワガタの産卵セットを紹介した記事>>>

イキヒラタクワガタの産卵セット
こちらは、8月下旬に産卵セットを組んだイキヒラタクワガタです。
既に1ヶ月半を経過しているので大きく育った二齢幼虫がコバエ防止ケース(中)の底に見え始めていました。

イキヒラタの産卵セットをひっくり返した所です。
産卵セットをひっくり返した様子です。
大きく育って菌糸ビンに入れ頃の二齢幼虫が出て来ました。
※二齢の時点でかなりの大きさなので今後に期待が持てそうな感じです。

イキヒラタの産卵に用いたクヌギ産卵木Sサイズ2本
今回は、クヌギ産卵木Sサイズ(2本)を画像の向きで埋め込んでみました。
※本来はクヌギ産卵木Mサイズの方が効率が良いのですが今年は大雨や台風の影響で8月末に一時的に欠品してしまいましたので苦肉の策です。

細い産卵木から出て来たイキヒラタの二齢幼虫
細い産卵木から出て来た二齢幼虫です。
こちらの産卵木からは、3匹の幼虫が出て来ました。
※大型のヒラタクワガタの仲間には産卵木Sサイズは、少し非効率です。

イキヒラタの産卵方法を詳しく紹介した記事>>>

産卵木から出て来たイキヒラタの大型のオスの二齢幼虫
もう一方の産卵木から出て来た大きく育ったオスの二齢幼虫です。
※個人的に今から楽しみな幼虫の1匹です。
日本海側のヒラタクワガタの亜種(対馬、壱岐、五島産)は、75ミリを遥かに超える大きさになるのが魅力的な所です。
今日は、その他に先月割り出して保管しておいた産卵セットの割りカス(割り出し後のマットや朽ち木片)からの幼虫採取も行いました。

サキシマヒラタの産卵セットの割カスから出て来た幼虫
画像は、1ヶ月前に割り出したサキシマヒラタの割りカスから出て来た26匹の幼虫です。(9月28日に紹介したサキシマヒラタの割り出しの記事の分とは別です。)

スペースに余裕があれば卵は、割りカスの中に戻して埋め込んでおくのが良策です。