トカラノコギリクワガタの産卵セットの割り出し(大爆産)

週末、土日の福岡県は、日中の気温が30℃前後まで上がる蒸し暑い一日でした。

採集に出掛けると数は未だ少ないですが、コクワガタ、ヒラタクワガタに加えノコギリクワガタの姿も見かける事が出来ました。

今年は、例年よりも早くクワガタが発生しているようです。

今回は、先週行ったトカラノコギリクワガタの産卵セットの割り出しの様子をお伝えしたいと思います。

トカラノコギリの産卵セットをひっくり返した様子画像は、3月下旬に組んだトカラノコギリの産卵セットをひっくり返した様子です。

少し割り出しタイミングが遅れてしまい引っ張り気味になったので初齢、二齢に加えて既に終齢初期まで育った幼虫も何匹か見えます。
※既に爆産の雰囲気が漂っています。

・今回の産卵には、コバエ防止飼育ケース(中)産卵マット産卵木(LL)国産プレミアム昆虫ゼリーを用いました。

トカラノコギリの産卵方法の記事

トカラのノコギリの初齢、二齢、終齢幼虫です。左下から初齢、二齢、終齢(メス)の幼虫です。

孵化した幼虫は、初齢(一齢)→二齢→終齢(三齢)と2回の脱皮を繰り返して飛躍的に大きくなって行きます。

下に零れ落ちた初齢幼虫マットの塊を動かすと下に初齢幼虫がボロボロと零れ落ちてきました。
※マットからは、既に50匹前後の幼虫が出ており既に大爆産の領域に突入していました。

孵化したばかりのトカラノコギリの幼虫小さなマットの塊の中にも孵化したばかりの幼虫が何匹も入り込んでいました。

※小さ過ぎる幼虫は、割りカスと一緒に一旦、飼育ケースに戻しました。

産卵木とマットの境界にいた幼虫産卵木とマットの境界(接地面)にも初齢幼虫が数匹いました。

産卵木の中から出てきた幼虫産卵木をマイナスドライバー(工具)で慎重に割ると初齢と二齢幼虫が出てきました。

産卵木の中心付近を食い尽した幼虫産卵木の中心付近を食い尽した二齢幼虫です。

産卵木(LL)は、柔らかい部分の体積(容積)が大きいのでノコギリクワガタなどの根食い系クワガタの産卵に最適です。
※ご購入の際に『ノコギリクワガタ系に適した物』とお伝えいただけると選別致します。

終齢幼虫へ脱皮したばかりの幼虫です。産卵木の芯に近い部分で終齢幼虫へ脱皮したばかりの幼虫です。

脱皮直後の幼虫は、真っ白ですが時間の経過と共に徐々に頭部がオレンジ色に変化して固くなりエサを食べ始めます。(ちなみに蛹になった時も最初は真っ白です。)

トカラノコギリの割りカスを保管します。クワガタは、一回の割り出しで全部の幼虫を回収する事が困難なので一旦、元の飼育ケースに産卵に用いたマットと産卵木片(割りカス)を戻しておきます。
※卵や孵化して間もない小さ過ぎる幼虫も一緒に埋め戻しておくと勝手に孵化して育つので管理が楽です。

約4週間から1ヶ月後に再び飼育ケースをひっくり返して幼虫を回収すると確実です。

割りカスの容器には、種類や産地、最初の割り出し日などの情報を記載したテープかメモを貼っておくと管理ミスを防げます。

トカラノコギリの幼虫の割り出し結果(大爆産)今回の割り出しで出てきたトカラノコギリの幼虫です。

何と1匹のメスから66匹の幼虫を回収できました!
※割りカスの中に戻した孵化したばかりの小さな幼虫や卵も合わせると70個を超える卵を産んだ事になります。

カップに無添加虫吉マットを入れて養生させます。一時管理用のカップには、無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れて傷や虚弱の有無を確認する為に4から7日ほど養生させます。

※カップには、幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いのでビニールテープやマスキングテープに種類や産地、割り出し日等の情報を記載して1匹ずつ貼っておくと管理ミスを防ぐ事が出来ます。(66枚のテープ貼り&記載は、流石に大変ですが避ける事が出来ません)

養生後、終齢幼虫は、マットボトル850ccに入れます。
菌糸ビン550ccへは、二齢幼虫から優先的に投入すると良いです。

6月も羽化や産卵の情報を出来る限り紹介したいと思います。