2017年5月のアマミシカクワガタの羽化状況

今日も福岡県福津市は、晴れの過ごしやすい一日でした。

近所の川には、夜になると沢山のホタルが飛んでいる様です。
毎年の事ですが梅雨入り前の風物詩です。
今度の水曜日に定休日を利用して見に行きたいと思います。

今回は、現在行っている5月に羽化したクワガタの掘り出し作業で出て来た個体をご紹介したいと思います。
※今月は、先に小型種から始めましたので最新羽化のアマミシカクワガタのご紹介を致します。

アマミシカクワガタ38ミリこちらは、最新羽化のアマミシカクワガタ38ミリのオスです。
※2本成りの早期羽化だったのでサイズはイマイチですが独特の雰囲気が有ります。

アマミシカクワガタは、奄美と徳之島のみに生息する日本固有の希少種で小型のシカクワガタです。

奄美と徳之島では、ヒラタ、スジブト、ノコギリを除き殆どのクワガタが2013年の希少野生動植物に関する指定(条例)で採集禁止になっています。
アマミシカも例外ではなく現在は、それ以前に採集された個体からの繁殖品のみの流通になります。
※今回の個体は、異なる血筋の繁殖品同士の交配品です。

大きさや見掛けに反してオスが凶暴な種類で油断するとメスが殺されてしまうのでペアリングや同居飼育時には注意が必要です。
アマミシカクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■因に下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年8月31日、二齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット

・2本目(2017年2月3日、終齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット

→2017年4月14日にサナギになっているのを確認しました。
(4月下旬羽化です。)

※幼虫用マットは、木製マットプレスを用いて幼虫飼育ボトル550ccにカチカチに固く詰めた状態の物に投入しました。

アマミシカクワガタ48ミリこちらは、最初の個体よりも更に1センチ大きいアマミシカクワガタ48ミリ(48.5ミリ)の特大のオスです。

こちらは、約1年掛けて3本目で羽化しました。

小型種ですがコクワガタ同様に50ミリ前後になると迫力が出て来ます。

アマミシカクワガタのオス48ミリ前からの画像ですがサソリの前脚の様に湾曲した鋭いアゴを持っています。
見掛けによらず挟む力が強いのでアゴの先端で挟まれてしまうと流血します。
※コクワガタと同じ様な大きさですが凶暴な種類のクワガタです。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年4月4日、二齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550cc)

・2本目(20116年8月3日、終齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550cc)

・3本目(2017年3月9日、終齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550cc)

→2017年4月17日にサナギになっているのを確認→2017年5月羽化。

今回の羽化チェックで確認出来たアマミシカのオスは、全部で3匹でしたが虫吉のパーソナルベストのサイズを更新した個体が羽化していました。

アマミシカクワガタ49ミリオーバー画像は、アマミシカクワガタ49ミリ(49.7ミリ前後)で限りなく50ミリに近い大型個体です。
※過去にも1回だけ49ミリを羽化させましたが、こちらの方が確実に大きいです。

■エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2016年4月29日、二齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550cc)

・2本目(20116年8月25日、終齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550cc)

・3本目(2017年3月1日、終齢幼虫):無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550cc)

→2017年4月7日にサナギになっているのを確認→2017年5月上旬羽化。

2本目から3本目の交換期間が少しズボラ気味に引っ張ってしまったのが凶か吉かは、不明ですが理想的にはマットの劣化を考慮して4ヶ月毎の交換がお勧めです。
今回は、終齢幼虫後半の前蛹になる前のストレスを与えてしまった可能性もあるので2月の交換の方が良かったかもしれません。(結果論ですが・・・)

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

アマミシカは、これからも少しずつ羽化すると思いますので面白いサイズが羽化しましたらご紹介したと思います。

羽化したばかりの新成虫の飼育には、フカフカ粒子のココパウダーマットがお勧めです。

今回、紹介したクワガタは、近日中に販売可能です。

アマミシカクワガタの通販コーナー>>>

昆虫マットの販売>> ●昆虫ゼリーの販売>>

幼虫飼育ボトルの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)