アマミシカとトクノシマヒラタの幼虫の割り出し

今日の九州北部は、晴れの過ごしやすい天気でした。
但し、11月なので流石に夜は少し肌寒くなります。

今回は、先日行ったクワガタの産卵セットの割り出しを紹介したいと思います。

アマミシカクワガタの産卵セットの割り出し画像は、夏に組んだアマミシカクワガタの産卵セットをひっくり返した様子です。
7月中旬に産卵セットを組みましたが9月が終わっても幼虫が見えなかったので半ば諦めていました。
10月中旬過ぎ頃から急に幼虫が見え始めたので急遽割り出しを行いました。
※メスの投入から4ヶ月目の割り出しです。

●使用した主な飼育用品は下記のとおりです。

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(中)

・マット:成虫用マット幼虫用マットオオクワマットでも可)

・産卵木:ナラ産卵木x2本

・昆虫ゼリー:国産プレミアム昆虫ゼリー

アマミシカクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

アマミシカクワガタの幼虫をスプーンでカップに移します。今回の幼虫は、二齢幼虫が殆どでした。

幼虫は、画像の様にエサ交換用のスプーンを用いて一時管理用カップに移すと傷付けずに済みます。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

アマミシカクワガタに用いた産卵木の側面産卵木の側面には、食痕と幼虫が見えます。
アマミシカクワガタの幼虫は、結構硬めの産卵木にも潜り込みます。

産卵木から出て来た二齢幼虫マイナスドライバーを用いて産卵木を割ってみると大きく育った二齢幼虫が出てきました。

アマミシカクワガタの割りカス1回の割り出しでは、幼虫の回収漏れが多いので割りカス(割った後の産卵木とマット)は、捨てずに元の容器に戻して4週間から1か月後に再びひっくり返して確認すると良いです。
※割りカスの容器には、必ず種類と割り出し日を記載したテープやメモを貼っておくと良いです。

今回採取したアマミシカクワガタの幼虫今回は、22匹の幼虫が出てきました。
※未だ、割りカスの中に何匹か残っていると思います。

カップにマットを入れて保管します。カップには、無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れて4から7日ほど養生させます。
※傷や異常などが無いか確認するための期間です。

養生期間が終わったら元気な二齢幼虫から優先的にマットボトル850ccに入れます。
小型種なので幼虫飼育ボトル550ccに無添加虫吉幼虫マットをマットプレスで固く詰めた物に入れていただいても大丈夫です。

※但し、550ccのマットボトルは、飼育環境によっては乾燥しやすいので販売をいたしておりません。
自己責任で行ってください。

マットは、3から4ヶ月毎の交換を行います。

 

今回は、2本立てで先日行ったトクノシマヒラタの割り出しの様子もお伝えしたいと思います。

トクノシマヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。画像は、8月の下旬に組んだトクノシマヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。

既に二齢幼虫(菌糸ビンに入れ頃)になっているものが殆どです。

クワガタの産卵セットの割り出しのタイミング>>>

●使用した主な飼育用品は下記のとおりです。

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(中)

・昆虫マット:産卵用マット(ヒラタ、ノコギリ、カブトムシ兼用)

・産卵木:クヌギ産卵木(LLサイズ)

・昆虫ゼリー:国産プレミアム昆虫ゼリー、エキストラバナナ昆虫ゼリー

ヒラタクワガタの産卵方法について>>>

原形を留めていない産卵木です。今回は、産卵木LL(通称:爆産材)を用いてみましたが原形を留めないほどメスにボロボロに破壊されていました。

おそらくメス(親)による幼虫(子)の捕食が行われた可能性が高いです。
産卵セットを組んだ容器の中にメスを長く入れたままにすると幼虫が食べられてしまい逆に数が減ってしまう事もあります。

※産卵木LLは、オオクワ向きと記載していますが実際は、軟材気味のヒラタやノコギリに最適な物が多いです。(一本で仕留める事が可能です。)
ご注文の際、ご要望の入力欄にて「〇〇クワガタ向きの産卵木希望」とお伝え頂くと出来る限りお選びする事も可能です。

産卵木から出て来た幼虫です。柔らかいので食い尽くされて殆どの幼虫がマットに出ていましたが産卵木の中にも何匹か残っていました。

トクノシマヒラタの幼虫今回は、天然個体のメスを産卵させたので幼虫の数はマズマズだったと思います。
※天然個体は、採集される前に野外で産卵している事が多いので「当たり外れ」の差が大きいのも事実です。

勿論、割りカスも保管していますので更に数が増えると思います。

採取したカップの中の幼虫は、先に紹介したアマミシカの幼虫同様に無添加虫吉マットを固めずに入れて蓋を閉め4から7日ほど養生させてから二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccに入れます。

カップには、幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いのでボトルに入れるまでの間、ビニールテープやマスキングテープに種類と割り出し日などの情報を記載して1匹ずつ貼って管理してください。
※手抜きすると管理ミスや何の幼虫か不明になってしまいますのでご注意ください。

菌糸ビンは、2から3ヶ月後に交換しなければなりませんがヒラタクワガタの仲間は、菌糸ビンで終齢幼虫まで育っていればマット飼育へ切り替えでも大丈夫です。
※無添加虫吉幼虫マットは、持ちが良いので3から4ヶ月ごとの交換で大丈夫です。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ◆産卵木の販売>>

昆虫ゼリーの販売>> ◆菌糸ビンの販売>>