ゴトウヒラタ、タカラヒラタ、トクノシマノコギリの幼虫のエサ交換

今日は、4月上旬とは思えないほど蒸し暑い初夏の様な一日でした。

今回も前回に引き続き、月曜日に行ったクワガタの幼虫のエサ交換の様子をお伝えしたいと思います。

ゴトウヒラタ若松島産の終齢幼虫21グラム画像は、3本目の交換を行う時点のゴトウヒラタ(若松島産)21グラムの終齢幼虫です。

●1本目(2017年7月30日)クヌギ菌糸ビン550cc⇒2本目(2017年11月19日)無添加虫吉マットボトル850cc⇒今回、3本目(2018年4月2日)無添加虫吉マットボトル850ccの交換リレーです。

1本目から2本目の交換時に終齢初期の小さな幼虫(おチビちゃん)でしたが2本目のマットボトルで一気に大きくなってくれました。

3から4月に掛けてゴトウヒラタの幼虫のエサ交換を行いましたが全体的に大きく育っています。(軒並み20グラム以上です。)

3月19日に紹介したヒラタクワガタの仲間の幼虫の記事>>>

早いものは、既に蛹化が始まっていますので羽化が楽しみです。

ゴトウヒラタの産卵方法

 

タカラヒラタの終齢幼虫22グラムこちらの画像も2本目から3本目の交換時に体重測定を行ったタカラヒラタの終齢幼虫22グラムです。
※本当は、23グラムの幼虫を紹介する予定でしたが写真がピンボケしてしまいボツになったので2番目を紹介しています。

2017年の夏に割り出した幼虫を育てています。

タカラヒラタの産卵方法

●因みにエサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年8月5日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

2本目(2017年11月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

3本目(2018年4月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※2本目からは、いつもの様に菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を避けるために無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育

先月も大きな幼虫をご紹介しましたが今年も70ミリオーバーの期待が膨らみます。

タカラヒラタは、春になって少しずつ羽化しております。

ヒラタクワガタと関連商品の一覧>>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

トクノシマヒラタの幼虫16グラム画像は、1本目(2017年10月16日)のマットボトル850ccから2本目へ交換の際に体重測定を行ったトクノシマノコギリの終齢幼虫16グラムです。(脱糞後でも16グラムありました)

今年の夏に天然のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を飼育中です。
2017年9月下旬のトクノシマノコギリの産卵セットの割り出しの様子。

割り出し後にカップで終齢幼虫になってしまったので菌糸ビンに入れずにマット飼育を行いました。

幼虫の飼育過程

トクノシマノコギリの幼虫を2本目のマットへ投入しました。2本目も引き続きマットボトル850ccへ投入しました。

最初からマット飼育なので羽化までに時間が掛ってしまうかもしれませんが今後が楽しみです。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

ノコギリクワガタと関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>>>