種子島産ノコギリやクチノエラブノコギリなど2018年最後の羽化紹介

クリスマスも終わり、いよいよ2018年もラストのカウントダウンが近づいています。

年末に掛けて気温が下がる予報が出ておりますので体調に注意して良いお年をお迎えくださいませ。

年末の作業スケジュールにもよりますが、今年ラストのブログになるかもしれません。
※もう一回、更新できるかもしれませんが羽化情報は、これが年内最後になります。

今回も前回同様、最新羽化の離島産ノコギリクワガタの大型個体を紹介します。

種子島産ノコギリクワガタ67ミリ

画像は、虫吉のパーソナルベスト更新した種子島産ノコギリクワガタ67ミリの超特大サイズの水牛です。

今回羽化の個体は、太くて湾曲が効いたカッコ良いタイプです。

分類上は、ヤクシマノコギリになりますが種子島産は少し雰囲気が異なる個体が多いです。

昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てて羽化させました。

エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年10月29日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月31日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年5月28日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年10月12日に蛹室(蛹の部屋の空洞)を確認したので4本目の交換無しです。

2本目からは、いつもの様に菌糸ビン→マットへの切り替え飼育です。

切り替えの理由は、終齢幼虫後半での暴れと呼ばれる菌糸ビンの掻き混ぜ行動を起こして激縮みをしてしまうリスクを回避する事と持ちが良いマットボトルで交換頻度(交換回数)を落としてストレスを軽減させて大型個体を狙う為です。

菌糸ビンだと2から3ヶ月で劣化してしまうので交換が必要ですがマットボトルだとノコギリの場合、確実に4ヶ月間に1回の交換で済むので1本分の交換を省略して羽化させることも可能だと思います。

因みにマットボトルとは、無添加虫吉幼虫マットをボトルにマットプレスを用いてカチカチに固く詰め込んだ商品の事です。

無添加なのでボトル内で残留添加成分の腐敗に伴う発酵ガスや発酵熱が発生しないので幼虫に優しいです。(ガス抜き不要、加水不要です。)

クチノエラブノコギリ68ミリ

こちらも最新羽化のクチノエラブノコギリクワガタの水牛68ミリ超えの大型個体です。

虫吉のパーソナルベスト(69ミリ)に1ミリだけ及びませんでした。

実は、12月中旬に70ミリ前後の個体が羽化していますがお腹が上手く収まって完品だったら年明けに紹介したいと思います。
※但し、種の限界サイズが近いのでB品になってしまった場合は、お蔵入りです。

クチノエラブノコギリは、屋久島から12キロほど西に位置する口永良部島に生息するノコギリクワガタの亜種になりますのでヤクシマノコギリとは、全くの別亜種になります。

ヤクシマノコギリのアゴが思いっきり湾曲するのに対してこちらは、水牛の発生率が低く、大型化しにくい感じです。
勿論、体色や形も異なります。

屋久島(本島)と異なり火山活動が活発な島なので2015年の爆発的噴火(警戒レベル5)になると天然個体の入荷が厳し種類です。

今回の個体は、2017年の夏に入荷した天然個体のメスを産卵させて生まれた幼虫を下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年11月11日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年9月14日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年11月23日に既にサナギになっているのを確認したので4本目の交換は行なっていません。

菌糸ビン→マットへの切り替えは、最初に紹介した種子島産ノコギリと同じ理由で行なっています。

ノコギリクワガタの仲間やミヤマクワガタの終齢幼虫は、気温が高い季節や過度な加温環境でエサ交換を行なってしまうと極端に落ち着きが悪くなって潜らずに上に出てくるので初夏から夏のエサ交換を省略して蛹室を作っていない場合のみ秋にエサ交換をするズボラ飼育を行いました。

交換リレーをよく見ると2月から9月まで7ヶ月間も交換していませんのでマットボトル(無添加虫吉幼虫マットの超固詰め)の持ちの良さは、驚異的だと感じさせられます。

今回は、スーパーズボラ飼育になってしまいましたが、ズボラだからといっても死亡率は皆無に近いです。

但し、虫吉では、幼虫のみ菌糸やマットの劣化を抑える為に20から22度前後で温度管理していますので常温飼育の際は、4ヶ月に1回の交換を行う事をお勧めします。

クチノエラブノコギリの産卵方法の記事>>

今回の個体は、年内に時間ができたら販売可能です。

但し、年末は、山に篭ってクヌギの落ち葉拾いを行う予定ですので厳しいかもしれません。

次回の羽化情報に関しましては、2019年最初の羽化チェックで出てきた個体を1月に紹介したいと思います。

あと1回更新出来るかもしれませんが、2018年もブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください