本土ヒラタクワガタ(鹿児島県産)の幼虫の割り出し(爆産でした)

2018年もあっと言う間に1ヶ月が過ぎましたが、2月も寒い日が続きそうです。
今日は、12月上旬に産卵セットを組んだ本土ヒラタクワガタ(鹿児島県産)の幼虫の割り出しをご紹介したいと思います。

本土ヒラタクワガタの産卵セットをひっくり返した様子本土ヒラタの産卵セットをひっくり返した様子です。
マットには、既に二齢幼虫の姿も見えます。

●産卵に使用した主な飼育用品です。

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(M)

・産卵木:クヌギ産卵木LLサイズ(Mサイズでも良いです)

・マット:産卵用マット(菌床強化配合)

・昆虫ゼリー:国産プレミアム昆虫ゼリー

本土ヒラタクワガタの産卵方法

マットの中から出て来た沢山の本土ヒラタの幼虫マットの中にも沢山の幼虫が潜り込んでいました。

マットの塊の中にいた本土ヒラタの幼虫幼虫は、圧縮して固まったマットの塊の中に潜り込んでいる事が多いので潰さない様に慎重に砕く必要があります。

本土ヒラタの初齢と二齢幼虫画像は、本土ヒラタの初齢(左)と二齢(右)です。
卵→初齢→二齢→終齢(三齢)と脱皮しながら大きくなってゆきます。
※終齢になると見違える様な大きさになります。

出て来た幼虫は、エサ交換用スプーンで移動させます。幼虫は、小さくて柔らかいので指で摘まむと潰れたり傷つけたりする恐れがあります。
画像の様にエサ交換用のスプーンを用いて一時管理用カップまで移動させると安全です。

産卵木をマイナスドライバーで割った様子マイナスドライバー(工具)で産卵木を割った様子です。
朽ち木の中の幼虫は、見えないので突き刺して死なせない様に慎重に割って下さい。
※柔らかい面や表面が削られている場所、食痕(排糞孔)が見える場所を避けて、より硬い部分から一気に真っ二つにすると潰しにくいです。(慣れが必要ですが・・・)

産卵木LLサイズは、ヒラタクワガタ向きの材質の物が多いので上手くハマると爆産します。(爆産材と呼んでいます。)

今回は、1本の産卵木から『打ち出の小槌』状態で沢山の幼虫が出てきました。

産卵木の中にも幼虫がいました細かく砕くと表面に近い部分にも所狭しと幼虫が入り込んでいました。

朽ち木とマットから出て来た幼虫の比較画像は、マットから出て来た幼虫(左:黒色)、産卵木から出て来た幼虫(右:肌色)です。

直前まで食べていたエサ(腸内に溜まっている)が透けてみえているだけなので双方とも健康な幼虫です。

本土ヒラタの幼虫の食痕反対側の面も更に真っ二つに割ると食痕と共に初齢幼虫が出てきました。

産卵木の中心から出て来た本土ヒラタの二齢幼虫産卵木の中心付近から出て来た二齢幼虫(菌糸ビンに入れ頃サイズ)です。
※画像では変わりにくいですが右下にもう1匹います。

割った後の木屑やマットは、保管します。産卵木やマットの中には、小さな幼虫や卵が残っている事が多いので割りカス(幼虫採取後のマットと産卵木片)は、捨てずに元の容器に戻して保管します。

約4週間から1か月後には、孵化して大きく育っているので再びひっくり返して幼虫を採取します。
※割りカスを入れた容器には、種類と産地なの情報と割り出し日を記載したメモやテープを貼っておくと管理ミスを防げます。

本土ヒラタの幼虫の割り出し結果です。今回は、卵が出てきませんでしたが43匹の幼虫を回収できました。

カップにマットを入れて養生します。一時管理用カップには、無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて5から7日ほど傷や異常が無いかを見極め後、二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccに入れます。

カップには、幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いので、ボトルに入れるまで1個ずつ種類や産地などの情報と割り出し日を記載したビニールテープかマスキングテープを貼っておくと管理ミスを防げます。