アマミヒラタやサキシマヒラタなど幼虫のエサ交換

今日の福岡県福津市は、曇り空でしたが暖かい春の様な気温でした。

今回は、年明けより行なっている幼虫のエサ交換の様子をお伝えしたいと思います。

※秋に1本目の菌糸ビンに投入した幼虫の2本目のマットボトルへの交換がメインです。

アマミヒラタの終齢幼虫26g

画像は、2018年10月14日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに投入して今回の交換を迎えたアマミヒラタの終齢幼虫です。

1本目で26グラムまで育っておりマズマズの大きさだと思います。

昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組んで生まれた幼虫を育てましたが晩秋は、エアコンで温度管理を行っても朝晩の温度ムラで成長が鈍化する事が多いですが今年は、暖冬で気温が高いので順調に育っている様です。

アマミヒラタの産卵方法>>

アマミヒラタの終齢幼虫をマットボトルに投入しました。

2本目は、いつもの様に無添加虫吉マットボトル850ccへ投入してマット飼育へ切り替えました。

マット飼育への切り替えの理由は、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(掻き混ぜ行動)とエサの劣化に伴う交換頻度の上昇を抑えてじっくりと大きく育てる為です。

無添加虫吉マットボトルは、無添加虫吉幼虫マット木製マットプレスを用いて渾身の力でボトルに超固詰めした虫吉独自の商品です。

無添加なのでボトル内で残留添加物の腐敗に伴う発酵ガスや発酵熱が発生しない上に劣化が遅く交換頻度を3から4ヶ月に1回に落とせるので交換時の幼虫のストレス痩せのリスクを軽減できます。

ヒラタクワガタの仲間は、羽化不全が少ないので30グラムを大きく超えない限り、適切な環境での飼育でしたら850ccの容量のボトルで羽化まで持って行く事が可能です。

サキシマヒラタの終齢幼虫25グラム

こちらの画像は、2018年10月9日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに投入して2本目の交換を迎えたサキシマヒラタの終齢幼虫です。

昨年の夏に久しぶりに入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てています。

サキシマヒラタの産卵方法>>

体重は、25グラムですが体色が成熟して黄ばんでいないので未だ未だ大きくなってくれそうです。

サキシマヒラタの終齢幼虫をマットボトルに投入しました。

先ほどのアマミヒラタの幼虫と同じ理由で2本目からは、無添加虫吉マットボトル850ccでのマット飼育へ切り替えています。

順調に育つと初夏から夏にかけて羽化すると思いますが大きく育って欲しいと思います。

タカラヒラタの終齢幼虫20g

こちらも2018年10月22日に1本目のブナ菌糸ビン550cc投入して今回の交換を迎えたタカラヒラタの終齢幼虫の大型20グラムです。

1本目で20グラムまで育っているので今後の成長次第では十分に70ミリが狙えます。

画像は、ありませんが先に紹介したアマミヒラタやサキシマヒラタ同様、2本目から無添加虫吉マットボトル850ccに投入して交換頻度を落としたズボラ気味の飼育へ切り替えました。

こちらも今年中に羽化すると思いますので今後の成長が楽しみです。

タカラヒラタの産卵方法>>

ノコギリクワガタの終齢幼虫

こちらは、2018年9月26日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccへ投入して今回の交換を迎えたノコギリクワガタ(福岡県福津市産)の幼虫12グラムです。

昨年の夏に採集した天然メスを産卵させて生まれた幼虫を育てています。

本来なら1本目からマットボトル850ccに投入して思いっきり引っ張って大型化を狙いたいところですがマット詰めの人手不足で1本目菌糸ビン→2本目マットでの切り替えリレーになりました。

ノコギリクワガタが加齢可能な20度前後での飼育に限りますが二齢幼虫で1本目の菌糸ビンに入れると成長速度が一気に上がるので羽化までの時間短縮ができます。

ノコギリクワガタの仲間は、終齢幼虫で菌糸ビンに入れると極端に落ち着きが悪くなって暴れ始める事が多いので2本目から無添加虫吉マットボトル850ccへ投入しました。

今年は、久しぶりに地元産ノコギリクワガタの70ミリオーバーを狙いたいと思います。

ノコギリクワガタの産卵方法>>