スジブトヒラタ、オキノエラブヒラタなど離島産の春の羽化情報

週の半ばから寒い日が続いていますが3月も下旬に差し掛かり、九州北部では桜の花も開花間近といった感じです。

昨日からブログのシステム障害が発生しているようでページが正常に開かずにご迷惑をお掛けしております。

今回は、ヒラタクワガタの仲間の春の羽化状況をご紹介したいと思います。

スジブトヒラタ(徳之島産)60ミリ画像は、2月下旬に羽化したスジブトヒラタ(徳之島天城町産)60ミリの上翅のシマ模様が綺麗な個体です。

スジブトヒラタは、横幅があり逆三角形のガッチリしたマッチョ系の日本固有種のクワガタです。

好戦的な性格で挟む力も強いクワガタです。

スジブトヒラタの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年7月30日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月1日にサナギになっていたので3本目の交換無し。

スジブトヒラタは、成長速度が速い種類なので終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(掻き混ぜ)によるサイズのロスを防ぐために2本目から無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えました。

無添加虫吉幼虫用マットは、一般的な添加剤入りのマットと異なり、添加剤が一切入っていないのでボトルにカチカチに固く詰めても幼虫が致死に至る様な添加剤発酵ガスや発酵熱が発生しないので安心安全な昆虫マットです。

また、持ちが非常に良いので固く詰めた状態で確実に3から4ヶ月間は、交換無しで大丈夫です。

固く詰めた方が内容量が多い事を意味するので交換頻度を落とせます。
交換頻度が低いほど、幼虫への負担(ストレス痩せ)を軽減できるので大型化させやすいです。

なお、無添加虫吉マットは、水を加えると極端に劣化が早まってしまうので無加水で使用してください。

スジブトヒラタ(徳之島産)62ミリ次も同じく2月下旬羽化のスジブトヒラタ(徳之島天城町産)62ミリの綺麗な個体です。

先日のブログで紹介した奄美のスジブトヒラタに続き、徳之島の方も徐々にサイズアップしています。
先日紹介した奄美のスジブトヒラタの記事

※交換リレーは、最初に紹介した60ミリと同じなので省略いたします。

スジブトヒラタは、先月から少しずつ羽化していますので出せるようになった物からホームページにアップしています。

オキノエラブヒラタ65ミリこちらは、2月に羽化したオキノエラブヒラタ65ミリの大型個体です。
このサイズは、久しぶりの羽化になります。
赤みが強くアゴもガッチリしたカッコ良い個体だと思います。

アゴの裏の微毛が特徴の変わったヒラタクワガタです。

こちらのクワガタは、2016年に割り出した幼虫が今年になって羽化したパターンです。

オキノエラブヒラタの産卵方法

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年12月6日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年3月9日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年10月6日、終齢用終):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年1月19日にサナギになっているのを確認したので4本目の交換無し。

2本目から3本目の交換は夏を挟んで蛹化するかしないか微妙な感じだったので少し引っ張り気味になってしまいましたが大きく育ってくれました。

こちらは、メスの羽化が確認でき次第の販売になります。
※メスが羽化しなかったらお蔵入りになってしまうかもしれません。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>