ゴトウヒラタ、トカラノコギリ、ヤクシマコクワの羽化情報

今日の福岡県福津市は、雨の肌寒い1日でした。
庭先からアマガエルの鳴き声が聞こえ、近所のお寺の藤の花が既に咲いているので今年の初夏は、例年よりも早そうです。
※既に野外でクワガタを採集したというご報告もいただいております。

今回は、先日行った最新羽化のクワガタの掘り出しで出てきた個体を紹介したいと思います。

ゴトウヒラタ(若松島)70ミリ画像は、3月下旬最新羽化のゴトウヒラタ(若松島)70ミリの大型個体です。

アゴが長く体格がガッチリとした感じのカッコイイ個体です。

ゴトウヒラタの産卵方法を紹介した記事

 

●昨年の夏に割り出した幼虫を下記のエサ交換リレーで育てました。

・1本目(2017年7月30日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月下旬に蛹になっているのを確認したので3本目への交換は無しです。

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床のかき混ぜ)を防ぐために低ストレスの無添加虫吉幼虫用マットでのマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について

 

今回のゴトウヒラタは、近日中に販売できると思います。

ゴトウヒラタの販売コーナーはコチラ>>>

 

トカラノコギリ(悪石島)68ミリ画像は、4月最新羽化のトカラノコギリ(悪石島)68ミリの大型個体です。

トカラノコギリの産卵方法を紹介した記事

先月、このブログで紹介したトカラノコギリと同様に2016年に割り出した幼虫が長い幼虫期間を経て今年の春に羽化しました。

2018年3月12日のトカラノコギリの羽化情報

 

●2016年の秋に割り出した幼虫を下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年10月14日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年1月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年5月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2017年10月6日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年2月に蛹室(サナギの部屋)と思しき空洞を作っていたので5本目への交換無しです。

クワガタの成長過程について

 

トカラノコギリは、中之島産も少しずつ羽化していますので出せそうなものからホームページに公開します。

トカラノコギリの販売コーナー>>>

 

ヤクシマコクワ49ミリこちらの画像は、3月下旬羽化のヤクシマコクワ49ミリの大型の綺麗な個体です。

昨年の初夏に入荷した天然個体のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てました。

ヤクシマコクワの産卵方法

ヤクシマコクワは、他のコクワガタの亜種に比べて成長が早く、早期羽化の傾向が強いです。
(羽化してから産卵可能になるまでの成熟速度も若干早めです。)

 

●エサ交換のリレーは、下記の通りです。

・1本目(2017年8月27日、二齢初期):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月17日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット幼虫飼育ボトル550cc木製マットプレスで固く押し固めた物)

⇒2018年2月25日にサナギになっているのを確認したので3本目の交換は行っていません。

ヤクシマコクワは、今回の個体以外にも春に羽化しておりますので現在販売中です。

ヤクシマコクワの販売コーナー>>>

 

幼虫飼育方法>>>

昆虫マットの販売>>>