ヤクシマノコギリと壱岐産ノコギリクワガタの羽化

九州南部に引き続き、九州北部も例年よりも早く5月で梅雨入りをしました。

夜にブログを書いている最中でも少し蒸し暑く感じます。

明日は、定休日を利用して店長(兄)が採集の下見に出掛ける予定です。

本日は、5月最後の羽化チェック(掘り出し)で出てきたクワガタを紹介したいと思います。

ノコギリクワガタ(壱岐産)69ミリ画像は、5月最新羽化の壱岐産ノコギリクワガタの水牛69ミリ(約69.9ミリ)の限りなく70ミリに近い大型個体です。

何故か壱岐産のノコギリクワガタは、アゴ先が内側に湾曲せずに真っ直ぐに伸びる個体が多いです。

写真の個体は、昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てて羽化させました。

●エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年10月9日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年4月に蛹になっているのを確認したので3本目の交換無し。

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を避けてじっくりと育てる為に無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えました。

無添加虫吉幼虫マットは、添加剤が入っていないのでボトルに固く押し固めても有害な発酵ガスや発酵熱が発生しないの幼虫にストレスや刺激を与える事がない安心安全なマットです。

加えて持ちが良いので今回の様に3から4ヶ月間も交換なしで大丈夫です。
※交換頻度を抑えた方が幼虫への負担が少ないので大型化しやすいです。

なお、無添加虫吉幼虫マットには、水を加えないで下さい。
※加水をされると劣化が早まって交換頻度が上がってしまい大きくなりにくいです。

壱岐産ノコギリクワガタは、14グラム前後の大型幼虫が何匹かいたので今後の羽化が楽しみです。

2018年1月10日の離島産ノコギリクワガタのエサ交換の記事>>>

ヤクシマノコギリ60ミリこちらの画像も5月に羽化したばかりのヤクシマノコギリのオス60ミリ(61ミリ)の大型水牛です。

アゴの湾曲が効いたカッコ良い個体だと思います。

昨年の初夏から夏に掛けて入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を羽化させました。
ヤクシマノコギリの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年10月13日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年1月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒4月に蛹になっていたので3本目への交換を行っておりません。

2本目からは、最初に紹介した壱岐産ノコギリクワガタ同様にマット飼育で羽化させました。

ヤクシマノコギリ61ミリこちらも同じく61ミリのヤクシマノコギリです。

今回、紹介した個体は2匹ともアゴが鋭く湾曲した赤くて格好が良い個体です。

エサ交換リレーは、先ほどの個体と全く同じなので省略します。

ヤクシマノコギリは、好評販売中です。

来月からは、本格的にノコギリクワガタの仲間が羽化する予定ですので面白い個体が出てきたら紹介したいと思います。