アマミノコギリ78ミリオーバーやトカラノコギリ70ミリの羽化

11月も下旬に差し掛かり今年も40日余りとなりました。

年内にクワガタの飼育を急ピッチで進めて2019年を迎えたいと思います。

前回に引き続き、最新羽化のクワガタの紹介をしたいと思います。

今回は、10月下旬に羽化したノコギリクワガタの仲間を紹介したいと思います。

アマミノコギリクワガタ78.8ミリまず最初の個体は、10月下旬最新羽化のアマミノコギリクワガタのオス78ミリ(限りなく79ミリに近い)超特大サイズのオスです。

79ミリ近いサイズのノコギリクワガタ(水牛)は、異次元の迫力です。

勿論、虫吉のパーソナルベスト更新です。

昨年(2017年)の夏に入荷したアマミノコギリを下記のエサ交換リレーで羽化させました。

昨年のアマミノコギリの産卵セットの割り出し記事です>>

・1本目(2017年9月4日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月22日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年4月28日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年7月31日に蛹室(蛹の部屋の空洞)を作っていたので4本目の交換無しです。

2本目からは、より確実に大きく育てる為に菌糸ビンではなく、無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

ノコギリクワガタの仲間は、終齢幼虫で菌糸ビンに入れると暴れ(菌床の掻き混ぜ)を起こして結果が出にくいので低ストレス、低刺激の無添加虫吉マットで飼育しています。

2019年は、80ミリの大台を目指して頑張りたいと思います。

今回の個体は、今月中に販売できると思います。

アマミノコギリの産卵方法を紹介した過去の記事です>>

トカラノコギリ悪石島産70ミリこちらも同じく10月下旬羽化のトカラノコギリクワガタ(悪石島)70ミリの大型個体です。

少し前のブログでトカラノコギリの中之島産70ミリの羽化を紹介しましたが、こちらの産地でも70ミリオーバーが羽化しました。

エサ交換のリレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年8月13日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月28日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年4月18日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年8月21日に蛹室を作っていたので4本目の交換無しです。

最初に紹介したアマミノコギリと同じ理由で2本目からマット飼育へ切り替えています。

こちらの個体も今月中か来月上旬に販売できるかもしれません。

トカラノコギリの産卵方法を紹介した過去の記事です>>

クチノエラブノコギリ67.5ミリこちらも10月下旬に羽化したばかりのクチノエラブノコギリクワガタ67ミリ(約67.5ミリ前後)の超特大サイズです。

紅色の発色良好でカッコ良い個体だと思います。

虫吉のパーソナルベストに0.数ミリだけ及びませんが今季最大サイズです。

昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を羽化させました。

・1本目(2017年11月11日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年9月10日に蛹室を作っていたので3本目の交換無し。

ノコギリクワガタの仲間やミヤマクワガタの幼虫は、夏の温度と湿度が高い季節にエサ交換を行うと極端に落ち着きが悪くなり、潜らずに上に出てくる事が多くなるので夏の交換を飛ばして(省略して)秋まで引っ張るズボラ気味の飼育で羽化させました。

ただし、真夏でも冷房で20から23度の気温を保ち、マットの劣化を遅らせています。

こちらの個体も近日中に販売できると思います。

クチノエラブノコギリの産卵方法を紹介した過去の記事です>>

また、面白い情報がございましたら紹介したいと思います。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください