ヒラタクワガタ(屋久島産)の幼虫の割り出し(爆産)の様子

今日は、暖房の必要が無いくらい暖かい一日でした。

常温(無加温)で冬眠中のクワガタも徐々に目覚め始める季節になりました。

今回は、昨日行った屋久島産のヒラタクワガタの産卵セットの割り出し(爆産)の様子を紹介したいと思います。

ヒラタクワガタ(屋久島産)の産卵セットをひっくり返した様子画像は、今年の1月20日に組んだ屋久島産ヒラタクワガタの産卵セットをひっくり返した様子です。
初齢幼虫と二齢幼虫が沢山見えます。

この時点で既に前回(2月4日)に紹介した数を大きく超えています。
2018年2月4日の屋久島産ヒラタの割り出しの記事

●使用した主な飼育用品は、下記のとおりです。

・飼育容器:コバエ防止飼育ケース(中)

・マット:産卵マット(ヒラタ、ノコギリ、カブト用)

・産卵木:クヌギ産卵木(LL) ※通称、爆産材

・昆虫ゼリー:ホワイト高タンパクゼリーなど

屋久島産ヒラタクワガタの産卵方法

マットのから出て来た大きな二齢と初齢幼虫画像は、二齢幼虫(左)と初齢幼虫(右)です。【幼虫の成長過程

左の二齢幼虫は、他の二齢幼虫に比べて頭部が一回り大きいのでオスの確立が高いです。
※実は、ヒラタクワガタの仲間の幼虫は、二齢の時点で小さいですがメス班(腰の辺りの1対の白い斑紋)が見える事が多いです。

因みに若齢幼虫(初二齢)で頭部が大きなオスの幼虫(ビッグヘッド)の方が最終的に大型化しやすい傾向があります。

産卵木の周辺のマットから出て来た幼虫産卵木の周辺のマットから出て来た初齢幼虫です。

幼虫を専用スプーンでカップに運び入れます。出て来た幼虫は、手で摘まむと潰れてしまう事もあるのでエサ交換用のスプーンを用いて一時管理用カップに移すと良いです。

産卵木から出て来た初齢幼虫マイナスドライバー(工具)を用いて産卵木を割ると初齢幼虫が3匹並んでお出迎えしてくれました。

産卵木を割る際は、明らかに幼虫が入っていない様な箇所(高めの部分)にドライバーを突き刺して割ると潰しのリスクを軽減出来ます。

産卵木から出て来た二齢幼虫こちらは、産卵木の中心付近から出て来た二齢幼虫です。
※こちらを向いている中央の小さな幼虫のみ初齢です。

沢山の食痕(食い進んだ痕)を残しているのが分かります。
ヒラタやノコギリの仲間の産卵は、爆産材(少し柔らかめのクヌギLL材)が効果抜群です。

産卵木をご購入の際は、硬さのご要望にお応え可能です。
例)「○○クワガタ向きで」とお伝えいただけるとお選び致します。(常連のお客様の合言葉になっています。)

九州産の産卵木の販売コーナー

屋久島産のヒラタクワガタの割りカスを保管します。クワガタの幼虫や卵は小さい上にマットや朽木片の中にも残っている事が多いので飼育容器に割りカスを戻して1ヶ月ほど保管してから再び容器をひっくり返して幼虫を回収すると良いです。

今回は、2個の卵が確認できましたが他のカップなどの容器に入れて保管するよりも割りカスのマットの中に埋め込んでおいた方が孵化率が高いので飼育ケースに戻しています。

割りカスの容器には、後から種類や割り出し日などが分かるようにテープやメモに情報を記載して貼っておくと良いです。

今回の割り出しで出て来た屋久島産ヒラタの幼虫(40匹)今回の割り出しで回収した屋久島産ヒラタの幼虫は、40匹でした。
1ヶ月後に割りカスの容器の中から追加で数匹出てくると思います。

カップに無添加虫吉幼虫マットを入れて蓋を閉めます。一時管理用カップには、無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて蓋を閉めます。
※カップには、幼虫管理ラベルを貼るスペースが無いのでビニールテープやマスキングテープに種類等の情報を記載して1匹ずつ貼っておくと管理しやすいです。

外傷や虚弱な幼虫を見極める為、この状態で5から7日ほど保管してから菌糸ビン550ccに投入予定です。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法

ヒラタクワガタや関連商品一覧>>

産卵木の販売>> ◆昆虫マットの販売>>