今晩のクワガタ、カブトムシ採集と屋久島のクワガタの入荷情報

日が変わってしまいましたが7月26日は、福岡県でも高温注意報が出るほど暑い一日でした。

今晩もいつもの様に深夜の昆虫採集に出掛けましたが深夜にも関わらず暑く感じました。

本土ヒラタクワガタのペア樹皮の裂け目から出ている樹液に集まっていた本土ヒラタクワガタの小型のオスとメスです。

ヒラタクワガタは、梅雨の半ば頃から徐々に発生が始まるのですが今年は梅雨の前半の雨が少なく、樹液が出ている木が余り無かったので探すのに苦戦しました。
※しかも全体的に少し小振りなサイズが多い感じです。

8月が近づくとカブトムシだらけになってクワガタの姿を見付けるのが難しくなります。(カブトムシが強すぎて警戒して隠れてしまいます)

ヒラタクワガタのオスこちらも別の採集ポイントで見つけた小型のヒラタクワガタのオスです。
ツルの陰に隠れて樹液を独り占めしています。

ノコギリクワガタのペアこちらは、幹から出ている樹液に集まっているノコギリクワガタの小型のペアです。
小型のノコギリクワガタは、アゴが直線的で発達しておらず喧嘩が弱いので大型のオスがいないタイミングを見計らって子孫を残そうとします。
※小さな分だけ小回りと俊敏性がありチョコチョコした動きをします。

カブトムシのオス2匹こちらは、樹液に集まっていた小型のカブトムシのオス2匹です。
小さいですが角をチョコチョコと突き出して小競り合いをしていました。

網ですくったカブトムシ樹上の枝付近から出ている樹液に長網を当てるとブンブンと羽音を立てながら複数のカブトムシが入って来ました。
こちらでは7月下旬から8月は、カブトムシのシーズンになるのでいつもの光景です。

カブトムシのメス虫吉が育てているドングリの森で見かけたカブトムシのメスです。

虫吉のドングリからの森作りについて

カブトムシのメスや夜行性の昆虫のメスは、満月の夜に活性すると言われていますが、確かに少しずつ個体数が増えている様です。

大きなカブトムシのペアこちらも虫吉の森の細いクヌギの樹液に集まっていた大きなカブトムシのペアです。
こちらは、これからお盆前の週くらいが発生のピークになる事が多いですが何とか80ミリオーバーを採集できればと思っています。

 

今年は、屋久島の採集をお願いしている採集家のスケジュールの都合で例年よりも入荷数が少ないですがノコギリ、コクワを販売中です。

屋久島産ヒラタクワガタ59ミリ今回の入荷分で天然の屋久島産ヒラタクワガタが1ペアだけ入荷していました。
59ミリ(限りなく60ミリに近いサイズ)でカッコ良い綺麗な個体です。

販売できるかどうか分かりませんが今年最初で最後の入荷になってしまうかもしれません。

 

赤いヤクシマコクワのオス今回は、38から41ミリのヤクシマコクワが少しだけ入荷していました。
赤みが強く綺麗な個体が多いです。

今回は、過去最大の45ミリの超特大サイズがいましたが残念ながら越冬個体だったので流石に販売せずにお蔵入りにしました。

まだまだ暑い夏が続きそうですが頑張って昆虫の情報をお伝えしたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)