ヤエヤマノコギリとアマミノコギリの羽化情報

3月もあっと言う間に最終日になりました。
福岡県北部では、桜の満開を迎えました。

今週の水曜日にこのブログのメニューをスマートフォンでも見やすく表示させるため、少しだけカスタムしてもらいましたがパソコンでページを開いた際にレイアウトが壊れて(スマホサイトのメニューが表示される)お見苦しい状態になっている場合があるみたいです。
その時は、お手数ですが端末の最新情報に更新機能で再更新を行ってください。
以前の正常な状態で表示されます。

クワガタの話に戻りますが少しだけ掘り出しが残っていたので3月最後の羽化情報をお伝えしたいと思います。

ヤエヤマノコギリ(石垣島)56ミリ画像は、3月最新羽化のヤエヤマノコギリ(石垣島)56ミリの大型のオスです。
一応、この種類では、虫吉のパーソナルベストです。

昨年の夏に産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てて羽化させました。
※因みに石垣島のヤエヤマノコギリは、既に採集禁止になってしまったので勿論、繁殖品になります。

ヤエヤマノコギリの産卵方法

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年8月30日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月15日、終齢幼虫、10グラム):無添加虫吉マットボト850cc

⇒2018年2月16日にサナギになっているのを確認したので3本目の交換無し。

2本目からは、終齢幼虫の菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)による大幅なサイズダウンを防ぐために無添加虫吉幼虫マットでの飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について

ヤエヤマノコギリは、今シーズンの羽化の序盤である事と10グラムオーバーの幼虫も確認したので、これから更なる大型個体が羽化するかもしれません。

ヤエヤマノコギリの販売コーナー>>>

 

アマミノコギリ73ミリこちらも3月最新羽化のアマミノコギリ73ミリの大型の水牛です。
2週間程前にブログで紹介したアマミノコギリと同じ大きさですが、こちらの方がアゴの湾曲が効いて個人的には好きな形です。

3月12日のアマミノコギリのブログ記事

前回の個体同様、こちらも2016年の夏に入荷したメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てました。
アマミノコギリの産卵方法

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年10月25日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年1月30日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年5月18日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2017年9月26日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

⇒2018年1月15日に蛹室を作って前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっていたので5本目の交換無し。【クワガタの幼虫の成長過程の紹介

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法

 

奄美群島の天然のクワガタの2018年の入荷の件ですが世界遺産の登録に合わせて採集禁止になってしまう可能性もゼロではございません。
お問い合わせも多いのですが今シーズンの入荷に関しては、全くの未定でお答えする事が出来ません。

但し、現地からの天然個体の持ち出しがダメになっても昨年までに入荷して本土で繁殖された個体の販売は可能ですのでご安心ください。
※ただアマミノコギリの繁殖品は飼育環境にもよりますが、異常なほど休眠期間が長いです。

アマミノコギリの販売コーナー>>>

 

ノコギリクワガタと関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>>>