今晩のクワガタ、カブトムシ採集【2018年7月24日】

今日も福岡県福津市は、蒸し暑い1日でした。
今晩もいつもの様に昆虫採集兼観察に出かけました。

カブトムシのペア画像は、虫吉が育てているドングリの森の細いクヌギに集まっていたカブトムシのペアです。

虫吉のドングリからの森づくりの様子

周囲が広大な放置竹林の影響かもしれませんが樹液が出ている割に余り数が集まっていない感じもします。

クヌギの樹液を吸っているカブトムシのメスこちらは、別の採集ポイントで見かけたカブトムシのメスです。

今週になって少しずつですがメスの発生が始まっている様です。

因みに北部九州は、日本海に面しているので真冬が寒い影響もあり、カブトムシの発生が7月中旬から8月上旬頃になります。
※8月上旬からお盆前くらいが発生のピークになる事が多いです。

立派な角のカブトムシのオス同じ木の反対側には、立派な角のカブトムシのオスがいました。
※後で計測すると74ミリでした。

今年は、80ミリ級の姿は見かけていませんが小さな個体少なく平均的なサイズが多いです。

カブトムシのオスです。70ミリ台前半の物が多いですが多いですが傷が無い綺麗な個体が多いです。

天然カブトムシの販売コーナー>>>

コクワガタのペアこちらは、別のポイントで見かけたコクワガタのペアです。
※オスが人の気配に気づいて一目散に逃げ出しています。

天然コクワガタの販売コーナー>>>

 

ノコギリクワガタのペア枝の付け根付近から出ている樹液を吸っているノコギリクワガタのオスです。
※後ろ側には、メスもいました。

天然ノコギリクワガタの販売コーナー>>>

まだまだ暑い夏は続きそうですが面白い採集情報が御座いましたら紹介したいと思います。