カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18284件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 15000円以上のお買い物で送料無料 代引きなど支払い方法

お客様からのクワガタのご投稿(其の四)

お客様からお寄せ頂いたクワガタ、カブトムシに関するご投稿を紹介したコーナーです。

本土ヒラタクワガタの幼虫飼育の報告【2018年10月17日、福岡県福津市、あらびき様より】

お客様からの本土ヒラタの幼虫飼育のご報告

妻が仕事帰りに拾ってきたヒラタクワガタ ♂と虫吉さんで購入したペアの♀で組んだ産卵セットからめでたく子供が産まれ、初めての幼虫飼育をしています。
(共に福津市産)

順調に二齢まで育ったので、虫吉さんで購入した菌糸ビンに入れました。居心地の良さは食痕で知らせてくれているようです。無事に羽化してくれることを楽しみにしています。
これからわからないが出てくると思うので、また相談に乗ってください。

お客様からの本土ヒラタの菌糸ビン飼育の写真


店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

6月より奥様よりヒラタクワガタのメスが採れる場所のお問い合わせを頂いて福津市内で採集可能なポイントをお伝えしましたがご多忙で採集の機会が無いとの事で7月から色々とお世話になっております。

7月下旬のヒラタクワガタのシーズンの終盤に採集したメスでしたがお電話でのご報告の限りでは、15匹前後の幼虫を採取されたとの事で嬉しい限りです。

※奥様の熱意に押されて同郷の福津市産に拘って執念で採集した甲斐がありました。

飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
今後とも宜しくお願い致します。


オオクワガタ羽化報告【2018年9月30日、福岡県福岡市、さるる様より】

オオクワガタの大型ペアの羽化報告

お世話になります。福岡市のさるると申します。
2回目の投稿となります。

虫吉さんで2017年1月に購入いたしました「神崎産オオクワガタ♂70mm♀44mm」を初めてブリードを行い、割り出しを同年6月に行いました。もちろん虫吉さんおすすめの「菌糸ビン→オオクワマットのリレー」で飼育しました。

オオクワガタの大型79ミリのオスの羽化報告

2018年の1月下旬〜5月下旬には蛹室が確認でき、7月上旬までに12匹の幼虫すべて無事に羽化しました。大きさは親超え♂71mm以上♀45mm以上で状態良好・欠損異常なしで、♂の最大は79mm(幼虫体重31g)♀の最大は51mm(幼虫体重16g)でした。

私自身初心者のため小澤様には幼虫やマットの状態について質問しました。突然のメールにもかかわらず迅速で丁寧なご回答を頂きました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。今後とも宜しくお願いします。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

前回に引き続きご報告をいただき、有難うございます。
昨年(2017年)のお正月にご購入いただいたオオクワガタのジュニアが無事に全頭羽化してくれたとの事で嬉しい限りです。

しかも「菌糸ビン→マットへの切り替え飼育」が上手くハマってくれてオス、メス共に綺麗な大型個体が羽化しているとの事で本当に良かったです。

クワガタの羽化や面白い情報がございましたらお気軽にご投稿くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


オオクワガタ2年目のご報告【2018年10月6日、熊本県、カブくん♪様より】

2年目のオオクワガタの飼育報告

2018年10月上旬。虫吉さんから昨年4月に購入した熊本県産オオクワガタが、2年目の活動を終えて越冬準備に入りました。
九州地方は9月中旬頃迄30℃を超える真夏日が続きますが、9月下旬頃から朝晩の気温が20℃を下回り涼しくなります。
それと同時に我が家のオオクワガタの活動が鈍ってきました(個体は大変元気)。

2年目のオオクワガタの現在の飼育状況

自然界を再現するように、マットを10冂敷き、その上に「くち木の止まり木」や「くぬぎの落ち葉」を敷き詰めました。
秋口10月以降も気温が高い日は、エサを食べますので「プチえさ皿」に昆虫ゼリーをセットしておきます。
オオクワガタやヒラタクワガタは、自然界でも10月頃〜翌年4月辺り迄越冬し、約2年〜5年と複数年生きるクワガタとしても有名です。
我が家のオオクワガタは、未だふ節欠損もなく、今夏も元気に活動してくれました。

余談ですが、今夏採集したカブトムシも、2匹ですが10月に突入しても元気に活動しています♪こちらは年越しを期待したいですね(笑)
これから寒くはなってきますが、オオクワガタはちょくちょくと姿を見せてくれています。
まだまだ元気でいてくれてうれしいです♪


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

いつもお電話やメールでのご報告をいただき、有難うございます。
ご報告の限りでは、無事に2度目の冬眠の準備に入ったとの事で安心致した。

今年の夏は、全国的な猛暑で北部九州でも普通に35℃を越えていましたので昆虫にとって厳しい暑さでしたが秋になると一気に涼しくなって一安心です。

私のところでも今日の時点でカブトムシのオスが2匹健在なので、カブくん様の2匹と共に2019年のお正月を迎えてくれる事を願っています。

クワガタ、カブトムシの面白い情報がございましたらお気軽にご投稿くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


ツシマヒラタクワガタ(3代目)羽化【2018年4月27日、東京都、himagine様より】

お客さまから頂いたツシマヒラタクワガタ大型オスの画像

お客さまから頂いたツシマヒラタクワガタのメスの画像

今月中旬から虫吉さんからお迎えしたツシマヒラタクワガタ70丱撻△梁垢梁紊順次羽化してきました。

去年夏先の産卵から部屋をエアコンで大体25度くらいというずぼらな温度管理でしたが虫吉さんの菌糸瓶との相性が良く、現在オスが最大76弌▲瓮垢40个鯆兇┐訃紂垢寮果です。

この子たちが活動を開始する際はまたぜひお世話になりたいですね。


店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

無事に大きなツシマヒラタが羽化しているとの事で嬉しい限りです。
東京は、夏の気温が高いのでエアコンでの温度管理が功を奏していると思います。
また、交換タイミングも絶妙なのかもしれません。

引き続き、3代目の件で宜しくお願い致します。
是非、次の世代で80ミリ超えにもチャレンジしてみて下さい。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


今年も元気な姿を見せてくれました!(6年目のオオクワガタ)【2018年4月21日、千葉県山武郡、たぬたぬ様より】

今年で6年目を迎えた長寿のオオクワガタ

いつもお世話になっております。


息子が小学校1年の夏休みに「クワガタが欲しい!」というので、最初は近所で見つけたコクワガタを飼育していました。

息子の反応もイマイチでしたし、私も昔の血が騒いだというのもあり、虫吉さんから「2012年ピカピカの新品成虫!国産オオクワガタ(福岡県久留米)特大ペア(オス72mm、メス46mm)」を購入しました。

息子もオオクワガタの大きさに驚き、喜んだのは言うまでもありません。


そんな息子も早、中学1年の夏を迎えようとしております。


今年も虫吉さんから購入したオオクワガタが「ペアで!」元気な姿を見せ、息子も大喜びです。

メスも別容器で元気に顔を出しました。

ただ、今年はオスが何だか真昼間からのぼり木の上にいたり、メスが食欲がなかったりで、本当に歳を取ったんだな…と思います。

あとどれくらい飼えるか分かりませんが、最後まで大切に飼育したいと思います。


購入してからも、色々なアドバイスを下さった虫吉さんのお陰と感謝しております。


これからも、よろしくお願いいたします。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

昨年より、引き続きご報告をいただき、有難うございます。
昨年5月31日に5年目突入のご報告をいただいた時のコメントにお子様が中学校に入学される春を無事に迎えた際にご報告をお願いしていましたが本当に6年目を迎えてくれたとの事で驚きの一言です。

しかもメスも揃って(夫婦そろって)6年目を迎えているとの情報をいただき驚きも2倍です!!。

高齢の為、年相応の動きになってしまったとの事ですが、未だ未だ頑張って生きてくれそうな予感もします
ここまで来たらギネス級の長寿記録を目指して頑張ってみてください。
来年(2019年)の春を迎えた際には是非ご報告お願いします。

今後とも宜しくお願い致します。


自作の飼育グッズのご投稿【2018年3月12日、佐賀県、You様より】

このたび、虫吉さんで「無添加虫吉マット幼虫用4リットル(カブトムシ、ヒラタ、ノコギリ、ミヤマ等の幼虫専用のエサ)」を購入しました。

昨夏野外採集してブリードさせたノコギリとミヤマの幼虫飼育のためです。
これまでミヤマは市販の幼虫用マットを、ノコギリは菌糸ビン飼育が専らでした。
虫吉マットは食いつきがいいとのことで今回購入した訳です。

用意した道具は菌糸ビン作りに使うものばかりで、いずれも廃材や、100均で購入したアイテムを自分流に加工したものです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自作の飼育グッズ

クリアボトルにマットを詰め込む訳で、虫吉さんのような「渾身」の手詰めとまではいきませんが・・・。
早速ボトルにマットを入れながら、プレスで力強く固めていく、の繰り返しで、最後は丸棒をボトルの中央に差し込み、幼虫が入りやすい穴を設けました。これって、菌糸詰めのやり方そのものです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自作グッズの使用例 自作グッズの使用例

こうして手詰めしたマットボトルに幼虫を投入します。今もですが、冬場はものすごく冷え込む地域に住んでいるので、幼虫はまだ2齢が多かったですが、中にはすでに3齢になっているものもいました。   
早速、わざと開けた穴にゆっくり潜っていきました。写真はミヤマの3齢幼虫(♂)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ボトルに入れたミヤマクワガタの幼虫 マットに潜るミヤマクワガタの幼虫

クリアボトルの中ですので中の様子もはっきり観察できます。
なるだけ自然界に近い形で飼育している常温飼育組の湧かしにとっては当然気候を気遣います。
でも、これから暖かくなり、幼虫も大きくなりますが、菌糸ビンよりは交換頻度が少なくなると思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ボトルに入った幼虫

マット飼育にうまく特化できれば、安価で飼育できますし、それよりもどのように成長していくか楽しみです。
虫吉マットにはまりつつあります。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠に有り難うございます。

昆虫やペットの飼育は、クリエイティブ(創造性)のホビーなのでご自身で作成された「自作グッズ(マイアイテム)」を用いた飼育は何とも言えない楽しみが有るのも事実です。

ノコギリクワガタミヤマクワガタ共に地中に埋まった朽ち木や朽ちた根っこ、腐葉土層の深い部分で夏場の暑さを凌いでいますのでこれからの季節の高温にご注意頂けると大型化も簡単かもしれません。

マットの交換頻度の件ですがミヤマやノコギリは、高温時(初夏から夏)のエサ交換の際に土壌菌や微生物の環境変化に敏感に反応して落ち着きが悪くなって潜れなくなってしまう事が多いので一回り大きなボトルに入れて飼育温度が24℃を超え始めたら夏の交換を省略される方法も御座います。
※虫吉マットの場合、基本的に4ヶ月毎の交換で大丈夫だと思います。

面白い情報が御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


長寿ノコギリクワガタのご報告【2018年1月28日、東京都、O様より】

1月28日に頂いたノコギリクワガタの長寿個体の画像

お世話になります。
一昨年に虫吉さんから天然のノコギリを購入した者です。

その個体から採集した子供がまだ生きていますのでご報告させていただきます。

昨年の6月頃に羽化したのですが、一年じっとして、出てくるのは翌年(今年)の夏かなと思っていたら、7月頃(はっきり覚えていませんが大体その頃だったと思います)に出てきました。

夏場から秋にかけては食欲も旺盛でしたが、さすがに12月頃からは動きが鈍く、あまり姿を見せてくれないものの、現在に至るまで生き永らえております。

5年ほど前に虫吉さんから購入した天然の個体が翌年の2月25日まで生きていたことがありましたが、それに匹敵する感じです。羽化後の日数としたらまだ短いとも言えますが、少しでも長生きしてほしいものです。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠に有り難うございます。

ノコギリクワガタ、一次発生型とよばれる羽化して越冬後の活動タイプと二次発生(晩夏型) と呼ばれる初夏に羽化した個体が越冬せずに梅雨明け頃に活動するタイプの2通りがあります。

今回ご報告のオスは、自然界の二次発生型と同じパターンだと思いまが通常自然界では越年 出来ないので上手く飼育をしておられると思います。

寿命に関しては、生き物につき個体差が大きいので何とも言えませんが2回目の夏を目指して 更なる長寿飼育にチャレンジしてみてください。

引き続き、長寿の情報をお待ちしております。

今後とも宜しくお願い致します。


壱岐産ノコギリクワガタのご報告【2018年1月20日、千葉県、デラクー様より】

壱岐産ノコギリクワガタ(2018年1月20日時点)壱岐産ノコギリクワガタ天然壱岐産ノコギリクワガタの飼育の様子

いつもお世話になっております。

昨年の夏に、虫吉様から購入しました、天然壱岐産ノコギリクワガタ♂が、まだ元気にしております。
家の玄関で、常温にての飼育です。

♀からは、16頭の幼虫を採ることができました。
壱岐産特有の、顎がスラッとしていて大型が羽化するのか楽しみです♪
その時は、またご報告致します。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠に有り難うございます。

壱岐対馬方面は、九州北部の日本海側の離島なので南西諸島や本州に比べて若干、天然個体の発生が遅い傾向があるのですがご購入から半年が近付いている現在も欠損も無くコンディションも良好なので驚いております。

壱岐産ノコギリは、当店でも実際に天然個体を繁殖させて幼虫の飼育を行っておりますが本土のノコギリよりも一回り体重が重たい11から14グラムの幼虫が多数出ておりますのでお客様の方でも大型個体が羽化する可能性が高いと思います。

これからも面白い情報が御座いましたら是非ご報告お願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。


スジブトヒラタのブリードに成功【2017年12月24日、山口県、竹さん様より】

この夏スジブトヒラタのブリードに挑戦する為に虫吉さんからオススメのマットと産卵木を購入して産卵セットを組んでみました。
結果は20〜30頭程の幼虫や卵を割り出す事ができました。
以前ブリード失敗していた種なので今回の結果に大満足です。

店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

無事に産卵成功のご報告をいただき嬉しい限りです。

スジブトヒラタは、本土ヒラタや他の離島産ヒラタクワガタ(亜種)とは、全く別種のクワガタで羽化後2から3ヶ月ほどで直ぐに成熟して産卵可能になるのですが若干クセが強く、直ぐに産卵してくれない事が多いです
当店でも産卵セットを組んでから2ヶ月くらい経過してようやく卵が見え始める事も多々有ります。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


オオクワ幼虫【2017年12月24日、神奈川県、湘南園芸クワガタ部様より】

オオクワガタの幼虫29グラムオオクワガタの幼虫30グラム

虫吉様

3回目のボトル交換をしています。
6月末に産卵木から割り出しし 菌糸やマットで飼育開始、 10月 初旬にボトル交換、そして今回が 3回目です。

今日ついに30gの幼虫がいました。
2本とも1本目から虫吉マットのみで育てた幼虫 です。
同じ時期に同じマットや 菌糸で育てているのに、大きさが 違うのは不思議ですねー。

オスらしい幼虫で、小さいもので 20g、大きいと30g、何が違うので しょうね!

29gと30g幼虫、たかが 1g、されど 1g。
写真では判りにくいのですが、 明らかに迫力が違う感じです。
親バカかもしれませんが。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

オオクワガタの幼虫飼育結果のご報告をいただき重ねてお礼申し上げます。

幼虫は、気温や環境、血筋や投入(交換)タイミングなど様々な要因で大きさにある程度のバラツキが発生してしまう事が多くなります。

また、幼虫はエサ交換によるストレスで縮んでしまう事も多く、デリケートな一面もあります。

当店のブログでも時々述べさせていただいておりますが幼虫時の体重は、『みずもの』と言っても良いほどで重たい幼虫から必ずしも大きな成虫が羽化するとは限らない場合も多いです。

但し、大きなままで羽化する事も有りますので是非、マット飼育で80ミリを目指して頑張ってください。

飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

今後とも宜しくお願い致します。


アマミヒラタ爆産報告【2017年11月15日、千葉県、yumehie様より】

アマミヒラタの幼虫の割り出し結果

お世話になっております。
ご報告が遅くなりましたが、 6月下旬に虫吉様より購入させていただいた アマミヒラタ特大ペア産卵結果のご報告になります。

購入時には何度か産卵について質問させていただきアドバイス通りに産卵を行い8/24に割り出しを行いました。


産卵結果

幼虫47匹 卵44個その内13匹孵化 割り出し忘れ2匹を含め、結果幼虫62匹で爆産以上の結果でビックリしております。
割り出し時にメスは幼虫を食べており、まだまだ産む気でしたがこれ以上増えると飼育に困ってしまうのでストップいたしました…。

また、この幼虫達の成長をご報告させていただきたいと思いますので宜しくお願い致します。


店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

お届けしたアマミヒラタが無事に産卵成功のご報告をいただき嬉しい限りですが余りの爆産振りに大変驚いております。
卵を含めると90個以上の数を1匹のメスが産卵した事になるので珍しい多産(沢山産む事)の例かもしれません。

卵の大半が死んでしまったとの事ですが頂いた画像の用に濡らしたティッシュで保管されると卵が腐って死んでしまう事が多いので『割りカス(割り出した後のマットと朽ち木片)』と一緒に飼育容器に戻して埋め込んでしまう方が管理が楽で圧倒的に孵化率が高くなります。
※埋め込んだ卵は概ね4週間から1ヶ月である程度の大きさの幼虫に育ちますので、その頃に再度容器から幼虫を回収すると確実です。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


オオクワガタ初めて飼いました!【2017年9月24日、福岡県、ochi様より】

オオクワガタの飼育セット

この度はとても丁寧で親切な対応ありがとうございました!
無事にオオクワガタも届き元気で綺麗なペアでした!

初めてクワガタを飼うので何もわからなかったんですが虫吉さんのHPをみて写真付きで丁寧に説明してくれてたので、自分でも飼えるかな?と思って思い切って決めました!

見よう見まねでクワガタ達の新居を作ってみました!
クワガタ達も羽化したばかりという事で直ぐに潜ってしまいましたが、気に入ってくれると嬉しいです!

なんか、いつもの日常がクワガタ達が加わって楽しくなりました!
子供の時の気持ちに戻ったような気がします!

これからも、わからない事など色々あると思いますのでどうぞよろしくお願いします!


店長からのコメント・・・この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

オオクワガタの飼育用品セットのセッティングの画像を頂きありがとうございます。
画像を拝見させていただく限りでは完璧に出来上がっていると思います。
オオクワガタも気に入ってくれると思います。

秋が深まっておりますので夏の終わりから秋に羽化したオオクワガタは、このまま潜ったまま冬眠(休眠)の状態になると思います。
休眠中は、エサを殆ど食べなくなりますが年内は暖かいのでコマメに様子を見ていただき、食べ残しは5から7日毎の交換をお勧めします。

飼育用品セットの容器の性能上、乾燥を防げるので特にコマメな霧吹きの必要は御座いません。

飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

今後とも宜しくお願い致します。


アマミノコギリ爆産のご報告【2017年9月8日、岡山県、とらきちパパ様より】

アマミノコギリの割り出した幼虫

クワガタ工房 虫吉様

いつもお世話になっております。

先日もメールでご報告しました通り、アマミノコギリが爆産したので改めてご報告いたします。
虫吉様からWDを購入してからの累代になり、生まれた子たちがF2となります。

産卵マットでは産みすぎると思い、幼虫マットに産卵木をセットしてBeケース(中)で管理していました。
7月23日に1度目の割出・再セットを行い、8月の中旬にメスはココマットへ移動させました。

メス2頭から採れた幼虫と卵は100を超えました。ここまでの数は想定していませんでした。
うれしい誤算となっております。

今後も利用させて頂きますので宜 しくお願いいたします。

アマミノコギリの割り出し結果


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠に有り難うございます。

アマミノコギリのあまりの爆産ぶりに驚きの一言です!
とらきちパパ様からは、ご利用当初の数年前より度々、他のクワガタでも爆産の結果のご報告メールを頂いておりましたがプロ顔負けの産卵(爆産)の腕前をお持ちなので毎回の様に驚かされております。

産卵マットを全く使わずに無添加虫吉幼虫マットのみの産卵セットで爆産するご報告を初めて頂きビックリしております。

これからも面白い情報が御座いましたら是非ご報告お願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。


イキヒラタ大型80ミリオーバー個体羽化報告【2017年8月3日、神奈川県、yamaさん様より】

虫吉様いつもお世話になってます。
17年羽化個体で大型のイキヒラタが誕生しましましたのでご報告致します。

14年に虫吉様で購入し同年ブリード。
15年には79-44が誕生しました。
15年には再度購入個体でブリード。
16年には81-41が誕生しました。

この度の個体は、15年に誕生した79-44の個体16年にブリードしました。
飼育内容と致しまして以下の内容となります。
6/10 割り出し(初令)
7/10 1本目クヌギ500cc(仕事の都合遅れる)
8/20 2本目ブナ1500cc
10/22 3本目ブナ1500cc(脱糞後25.3グラム)
3/22 4本目虫吉マット1500cc(脱糞後27.4グラム)
7/2  掘り出し
すべて常温飼育となります。


店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

イキヒラタの大型個体のご報告をいただきありがとうございます。

常温飼育との事で真夏の気温が高い季節の菌糸ビンの劣化を踏まえて交換間隔を詰めるという工夫をしておられるのでしょうか。
秋以降の気温が下がる季節に交換間隔を空けて幼虫のストレスによる縮みを回避してマット飼育でフィニッシュを迎えておられるという意図も感じます。

また、気温が上がるとマット交換直後の微生物(バクテリアや土壌菌)の活性に伴い溶存酸素量が減ってしまうので気温が低い春先に交換を済ませて微生物が安定した状態で初夏の蛹化を迎えるというツボにハマっている交換タイミングだと思います。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


オオクワガタがはじめてエサを食べてくれました!【2017年8月5日、神奈川県横浜市、林様より】

オオクワガタがエサを食べました

いつもお世話になっております。

旧聞に属するのですが、7月12日に到着のオオクワガタペアのうち、 メスは休眠期間が解けたのか、ここ数日、なにが楽しいのか、 夜になると、ケースの中を動く回っています。

今日、はじめてメスがエサを食べている姿を確認しました。

エサはアゴが大きいクワガタでも食べられる18gワイドカップを 使用しています。

オスはまだ休眠期間で姿を見せないのですが、とくかくメスが はじめてエサを食べてくれたので、とっても嬉しいです。

しかし、さすがオオクワガタ。エサの中に完全に頭を突っ込んで、 豪快に食べています。
少々の明かりにも逃げることなく、エサに執着しています。

写真を撮ったときは、さすがに気配に気づいたのか、メスは エサ皿のすぐそばに潜ってしまいました。

でも、潜り方が浅く、まだ食べる気満々なようです。

とても嬉しくて、初投稿です。

これからオスも含めて、どんどんエサを食べてくれることと思います。
非常に楽しみです!


店長からのコメント・・・この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

羽化して間も無いオオクワガタは、基本的に休眠して潜ったままになるのですが梅雨明け後の猛暑で目覚めてくれた様です。

オスは、体が大きな分だけメスに比べると成熟までに少しだけ時間が掛かる傾向がありますがこれからの気候次第では晩夏から初秋に掛けてエサを食べてくれるかもしれません。

10月以降は、気温が下がり始めるので徐々に冬支度モード(休眠)に入りエサを食べなくなりますが加温の必要は御座いません。
※オオクワガタは、真冬に低温の環境で冬眠させた方が長期飼育や産卵の面で有効です。

飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また今後のオオクワガタの様子もお伝えいただけると幸いです。

今後とも宜しくお願い致します。


オオクワガタの羽化報告【2017年7月22日、兵庫県神戸市、スヌーピー様より】

オオクワガタのオス77ミリ

オオクワガタのメス52ミリ

いつも飼育のアドバイスを頂きありがとうございます。
六月末に相談していた、オオクワガタのサナギですが無事、羽化し、先々週に取り出しました!

なかなか大きく、オスが約77mmメスが約50mmです!
先日、購入させていただいた仕切りのある中ケースに入れました。
潜って寝てばかりでなかなかでてきません(笑)

いつも飼育に関して電話で相談させて頂いた時に、いつも丁寧にご対応頂きありがたく思ってます。
今後も宜しくお願いします。

オオクワメス50ミリ

オオクワガタのオス76ミリ

オオクワガタのオス


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

無事に元気なオオクワガタが羽化してくれた様で嬉しい限りです。
加えて最大77ミリのオスと、52ミリのメスの好結果のご報告も頂きダブルで嬉しい限りです♪♪

来年は、77ミリのオスと50ミリオーバーのメスの繁殖で80ミリを狙ってみてください。

飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、引き続き面白い飼育情報のご報告もお待ちしております。

今後とも宜しくお願い致します。


クロシマノコギリの累代飼育【2017年7月6日、兵庫県、にゃん夫様より】

クロシマノコギリのペアリング

2017年1月に虫吉さんで購入しましたクロシマノコギリを6月にペアリングしました。
 国内最凶のノコなので、もちろん♂の大あごを縛りました。
♂には少し我慢してもらいます。

小ケースに段ボールを敷き、えさ台を入れただけの簡単なペアリングセットでしたが、30分もしないうちに合体。
2日間そのまま置き、 そのあと、♀だけを産卵セットに入れました。

クロシマノコギリの産卵

10日たちましたが、 ケースの底や壁面に16個の卵が見られます。
1日2個ほど増えているので、♀の体調もいいみたいです。
幼虫にいつ孵化するのか、今からワクワクしています。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠に有り難うございます。

クロシマノコギリは、早期活動(羽化して直ぐに活動)やオスのメス殺しの発生率が高く、苦戦されるお客様が多いのも事実です。
オスのアゴ縛りのペアリングとメスのみの産卵セット投入が功を奏していると思います。

卵は、気温にもよりますが概ね2週間前後で孵化すると思います。
次は、大型個体の作出を目指して頑張ってみてください。

これからも面白い情報が御座いましたら是非ご報告お願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。


去年孵化サキシマヒラタクワガタの幼虫掘り出し【2017年7月1日、鳥取県、Stag Pro ご苦労様より】

サキシマヒラタクワガタの幼虫

だんだんと蒸し暑くなってきて、蛹が新成虫になり始めました。
私は、今いる幼虫や蛹が成虫になった時どれくらいの大きさになるのかとても楽しみで早く成虫にならないかワクワクしています。

その中でも楽しみなのがサキシマヒラタクワガタの幼虫です。
私は一番大きいと思う幼虫の重さが知りたくて掘り出すことにしました。
もちろん、蛹室を作っていないかしっかりと確認して。
掘り出すときってすごくワクワクしますよね。 ドキドキしながら慎重にほりだしました。

びっくりしました。幼虫の重さが20グラムありました。 成虫になると何ミリくらいになるのでしょうか。とっても楽しみです。


店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

幼虫は、常温(真冬は無加温)の寒冷な状態での飼育でしょうか?
7月になっても成熟(黄色化)していないので夏に最後の一伸びがありそうです。

ブログでも時々、述べさせていただいておりますが幼虫の体重は、途中の過程に過ぎないので○○グラムで○○ミリと断言する事が出来ません。
どんなサイズで羽化するのか楽しみですね。

因に真夏に冷房管理が出来る様でしたら二齢幼虫時の最初の1本目だけ菌糸ビン飼育をされると70ミリオーバーを狙える確率が一気にアップします。
サキシマヒラタの場合、温度が高すぎると菌糸ビン1本目で蛹化してしまうのでご注意ください。
是非、今後の飼育の参考にしてみてください。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


天然オオクワガタ樹液採集の報告【2017年6月25日、神奈川県、はらぽん様より】

お客様がオオクワガタを採集された木です。

山梨県で今度は天然オオクワガタペアを樹液採集しました。 ♂中歯48mm、♀37mmです。 この木の足元のメクレにいました。 クワガタのお尻が見えたので、掻き出し棒で掻き出して見るとなんとオオクワガタの♀でした。 更に中を覗いてみるとクワガタのお尻が見えたので、もしやと思い必死に掻き出すとオオクワガタの♂でした。

お客様が採集したオオクワガタのペアの画像です。

遠くまで採集に来て、採集できずに帰る日が続き、諦めかけていたところの採集だったので、喜びと興奮がしばらく冷めませんでした。 このペアから累代飼育していこうと思います。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用頂きありがとうございます。
2015年8月13日にご投稿いただいたのオスの採集に引き続き天然オオクワガタの採集のご報告をいただき有り難う御座います。

今回は、見事にペア揃っての採集との事ですのでおめでとう御座います。

九州北部では、平野部や平野部に隣接した森での採集例が多いのですが山梨県では山中での採集例が多いと以前より耳にしております。

地域が変わるとオオクワガタの習性や生息場所も変わる事を改めて感じさせられております。

オオクワガタの樹液採集は、熟練した採集者でも難易度が高いので努力と虫運の良さには感服致します。

自己採集のオオクワガタの累代飼育は、何とも言えないワクワク感があります。
無事に産卵してくれる事を願っております。

これからも面白い飼育情報が御座いましたらお気軽にご投稿ください。

今後とも宜しくお願い致します。


クワガタ飼育【2017年6月18日、青森県、Nao.Dorcus.Style様より】

初めての投稿になります。

虫吉さんからはクワガタ爆買い状態であります!対応がすごくいいです!
今日、6/18にアマミヒラタとゴトウヒラタ無事届きましたよ!
素晴らしくカッコイイ個体ありがとうございます(^_^*)

娘(小5)がゴトウヒラタを見て「小さいパラワン?」って言っていました!笑
確かにツシマ、ゴトウ、イキヒラタは似てますよねぇ〜笑

現在、月一で虫吉さんからクワガタ買っていますが、全ては現在小5の娘が小3のころの夏休みの絵日記にカブトムシを捕った絵日記描きたいと言われたのがカブクワの飼育の始まりになります!

子供の前でいいとこ見せようとバナナトラップ作って仕掛けて夜カブトムシ採集に成功!自分が1番興奮してました!笑

子供の頃はカブクワは採りまくってましたがやはり大人になるにつれて離れましたがまた飼う機会が来るとはね!

子供の頃の経験と虫吉さんの飼育方法などを閲覧し勉強しながらの飼育してます!
今じゃどこの宅配便の人からも今回何クワガタ買ったんですか?っ聞かれます!笑笑

クワガタの様子の話ですが初めて虫吉さんから購入した念願の本土ヒラタクワガタ66mm(ギザ無し)なんですが、エサ食べる量が半端ないです!( ̄∇ ̄)

特にメスは夕方から朝方までゼリーに頭突っ込んでさらに日中も動き回ってはゼリー食べて、ゼリー1つじゃ足りないくらいです!笑
こんなに食べるものなのかな?

オスはオスで虫吉さんで購入したコバエ防止ケース小の中で夜中飛びまくってます!( ̄▽ ̄)

ケースから出して飛ばしてみせましたが、飛行性あまりないのか飛び方下手くそでした!爆笑

ブリードできるくらい活発ですが、越冬させたほうが産卵数が増えることは前からやってるオオクワガタ飼育で知っているので今はとにかく栄養たくさんの虫吉さんのゼリーを与えて栄養蓄えで越冬後のブリードが楽しみです!(^^)

長々となりましたが、毎日クワガタを見ながらの晩酌最高です!笑

虫吉さんいつもありがとうございます!


店長よりコメント

いつも当店をご利用いただき有り難う御座います。

お子様とクワガタ飼育を楽しんでおられる様で嬉しい限りです。
バナナトラップは、自己流のレシピのアレンジが楽しめるので上手くハマってくれた時の感動は何とも言えない物があります。
私の場合は、焼酎と黒糖とイースト菌をブレンドした物でバナナを漬け込んでいました。

以前、お届けした本土ヒラタクワガタ66ミリペアは、今年の春に羽化した個体なので気候にもよりますが早ければ今年の梅雨明け前後から産卵可能になると思います。

ヒラタの場合は、基本的に秋以降に羽化した個体だと越冬後の産卵になりますが春に羽化した個体は、気温や湿度の上昇の影響で夏の活動に向けて早く成熟する事が多いです。

お子様の夏休みの頃に産卵にチャレンジされても面白いかもしれません。

飼育等でご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
今後とも宜しくお願い致します。


チョウセンヒラタクワガタが成虫になりました。【2017年6月7日、福岡県バルバ様より】

チョウセンヒラタクワガタの羽化のご報告

虫吉さんで以前購入した、チョウセンヒラタクワガタの子孫が誕生しました。

この写真のクワガタは、菌糸瓶も使わない、餌も虫吉さんのマットで一回もマットを変えをしませんでした。850ccのボトル使用。交配は、兎に角成熟が必要でした。

虫吉さんで購入した直後の夏に交配しましたが卵を産みませんでした。
その年は諦めて、次の夏に産卵させました。

チョウセンヒラタクワガタは、産卵に癖があると私的に思いますが、よく個体を成熟させたら、卵をよく産むのが秘訣です。

産卵法は、虫吉さん推奨のやり方。

幼虫は手間要らず、ズボラな飼育でも大きくなる。
僕の感想です。
以上です。

チョウセンヒラタクワガタ

店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

今回は、チョウセンヒラタのご報告をいただき重ねてお礼申し上げます。

以前(2015年2月)にご購入いただいたチョウセンヒラタは、本来は2015年の夏(梅雨明け後)には産卵可能になるのですが飼育温度や環境によっては確かに少しクセが強く、産卵までに時間が掛かってしまう事があります。

当店の場合だとチョウセンヒラタは、産卵セットに入れてから少しズボラ気味ですが2から3ヶ月後に割り出す感じです。

羽化した個体も拝見する限りでは、限りなく50ミリに近い感じの立派な個体だと思います。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


今年も元気な姿を見せてくれました!(5年目のオオクワガタ)【2017年5月31日、千葉県山武郡、たぬたぬ様より】

お客様からの5年飼育の長寿のオオクワガタ

いつもお世話になっております。

息子が小学校1年の夏休みに「クワガタが欲しい!」というので、最初は近所で見つけたコクワガタを飼育していました。

息子の反応もイマイチでしたし、私も昔の血が騒いだというのもあり、虫吉さんから「2012年ピカピカの新品成虫!国産オオクワガタ(福岡県久留米)特大ペア(オス72mm、メス46mm)」を購入しました。

息子もオオクワガタの大きさに驚き、喜んだのは言うまでもありません。

そんな息子も早、6年生の夏を迎えようとしております。
今年も虫吉さんから購入したオオクワガタが「ペアで!」元気な姿を見せ、息子も大喜びです。

毎年、夏になると「今年で駄目かな?…」と心配してますが、今年も喜ばせてくれました。

別容器で飼育中のペア購入したメスも元気でおります。

購入してからも、色々なアドバイスを下さった虫吉さんのお陰と感謝しております。
これからも、よろしくお願いいたします。


店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

貴重な情報をお寄せいただきお礼申し上げます。
何よりも5年も前にお届けしたオオクワガタをお子様の成長の過程と共にご家族の一員の様に大切に飼育して頂き感謝感激の一言です。

しかもペア揃っての5年飼育は、本当に珍しい事例だと思います。
片方だけでも極々稀に後報告を頂くレベルです。

画像を拝見する限りでは、未だ未だ頑張って生きてくれそうな予感もします
無事に来年(2018年)の春を迎えた際には是非ご報告お願いします。

今後とも宜しくお願い致します。

アマミヒラタの飼育(大型個体の羽化)報告【2017年5月5日、愛媛県、トン吉様より】

アマミヒラタ76ミリ羽化のご報告

お世話になっております。
今日アマミヒラタを数匹ボトルから取り出して計測したところ親超えの76ミリが出ましたので報告いたします。

この個体は先月羽化しているのを確認しており、体格もさることながら、顎が太長い個体でしたのでボトルから出すのを楽しみにしてました。

この個体と同じ終齢時29gの別のオスが近日さらに大型で羽化して来そうなので今後が楽しみです。メスも48ミリが羽化しました。




店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

今回も前回のクロシマノコギリや以前のトカラノコギリの超特大サイズの羽化に引き続き大型個体の羽化のご報告をいただきありがとうございます。

オスのサイズも凄いのですがアマミヒラタのメスの48ミリは、私も見た事が無いサイズなので驚きです。
※因に48ミリは、オオクワガタの大きなメスくらいのサイズです。

トン吉様の飼育環境は、菌糸ビンからマットへの切り替えに適している様にもお見受けしておりますので他の種類でも更なる大型個体の羽化が御座いましたらお気軽にご報告ください。

今後とも宜しくお願い致します。