カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18593件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

生活環境と体の色について

クワガタやカブトムシの体の色は活動時間やエサ場の木の幹の色などの生活環境に大きく左右されています。

例えば、ご存知のとおり日本のヒラタ、ノコギリやカブトムシは色が黒もしくは黒っぽい色をしています。

先ずは、簡単に写真で説明したいと思います。


日本のノコギリクワガタ

ノコギリのオス

日本のヒラタクワガタ

ヒラタのオス

日本のカブトムシ

カブトのオス

これらの昆虫は、なぜ色が黒っぽいかと言うと夜間に活動する(夜行性)だからです。

色が黒ということは夜間の闇にまぎれる為の保護色です。

彼らの最大の敵(天敵)はカラス等の野鳥や小動物です。

この野鳥や小動物から身を守る為に樹液に集まる昆虫たちは、進化の過程で「夜行性」となり色が「黒っぽく」なりました。


また、自分達の採集の経験からクワガタの仲間はカブトムシの活動時間を明らかに避けています。

誰もがご存知のとおり、カブトムシは日本最大、最強の昆虫です。

加えて体重、大きさ、パワーがあるので昆虫界の頂点に近い存在です。

なので同じ時間に活動してしまうとケンカに負けてエサを食べることが出来ません。

そこで、ミヤマなどの一部の種類は、夕方から夜間さらに夜明け近くまでの広い時間帯で活動しています。

明るい時間帯でも野鳥に食べられない様に体の色が木の幹の色になったと考えられます。

日本のミヤマクワガタ

ミヤマのオス