離島産ノコギリクワガタの菌糸ビン→マットボトルへの交換

現在、2018年最初の幼虫のエサ交換を行っておりますが昨年の夏の後半に離島産ノコギリの産卵を中心に行ったので今回のエサ交換の紹介はノコギリクワガタの仲間がメインになります。
※秋の割り出し→秋の菌糸ビン投入→年明けの交換というサイクルです。

クチノエラブノコギリクワガタの終齢幼虫画像は、2017年9月22日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccへ投入したクチノエラブノコギリクワガタの終齢幼虫(オス)14グラムです。

昨年は、久しぶりに天然個体が入荷したので産卵セットを組んでみましたが13から14グラムの大型の幼虫が多かったのでパーソナルベストを狙えそうな感じもします。
※ブログでは紹介していませんが過去に69ミリ(横腹が出てしまったのでお蔵入り)が羽化した事が有るので70ミリを目指してみたいです。

クチノエラブノコギリの産卵方法>>>

マットボトル850ccに幼虫を投入する穴を掘っています。終齢幼虫の菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)によるサイズロスを防ぐために2本目は、無添加虫吉マットボトル850ccへ投入します。
※画像は、マットボトルのフタを開けて菌糸ビン用シャベルで幼虫が入る穴を開けている様子です。

マットボトルとは、無添加虫吉幼虫マット幼虫飼育ボトル850cc木製マットプレスで固く詰め込んだアイテムですが持ちが非常に良く、交換頻度を落とせるので交換によるストレスを落として、じっくりと大きく育ってくれます。

また、一般的な添加剤発酵マットと異なり、残留添加成分の腐敗に伴う発酵ガスや発酵熱が一切発生しないので思いっきり強く固めても幼虫に安心の昆虫マットです。

固く詰め込んでおくとノコギリクワガタの場合だと確実に4ヶ月に1回の交換頻度に抑える事ができるので交換時のストレス痩せのリスクも軽減できて大型個体を狙いやすいです。

なお、マットの詰め込みが弱すぎると途中で緩んでしまい肥大化したブカブカの蛹室を作ってオスのアゴズレ(顎の非対称)や羽化不全のリスクが上がるので注意が必要です。

なお、無添加虫吉幼虫マットは、ガス抜き不要、加水不要の昆虫マットです。

幼虫をスプーンで運んでボトルに入れます。エサ交換用のスプーンを用いて先ほど掘った穴に幼虫を投入してフタを閉めます。
ノコギリクワガタの仲間の多くは、10グラム台なのでエサの消費が少なく、マットボトルの交換は4ヶ月毎で大丈夫です。

今後の成長が楽しみな幼虫です。

壱岐産ノコギリクワガタこちらは、2017年10月8日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入した壱岐産ノコギリクワガタの終齢幼虫14グラムの特大サイズです。

昨年の夏に入荷した天然個体で産卵セットを組んで産まれた幼虫です。

亜種に分類されていませんが明らかに体型が本土ノコギリクワガタと比べて一回りほど太くて大きい天然個体が多かったです。

本土ノコギリは、11から12グラムの状態で上手くマットで伸びると70ミリ前後を狙える事があるので、この事を踏まえても14グラムの幼虫が何ミリで羽化するのか興味が有ります。

年末に紹介したノコギリクワガタの幼虫のエサ交換の様子>>>

壱岐産ノコギリクワガタの幼虫をマットボトルに入れました。2本目は、マットボトル850ccに投入してゆっくりと大型化させたいと思います。

※菌糸ビンだと暴れだけでなく2から3ヶ月で劣化して交換頻度が上がるのでサイズロスのリスクが高くなります。
そこで無添加虫吉マットの最大のメリット(持ちの良さ)を利用して4ヶ月ほど引っ張るズボラ飼育がノコギリ系のクワガタに上手くハマってくれます。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>