ヒラタクワガタの幼虫など菌糸ビン→マットボトルへの交換の様子

今週から年明け最初のクワガタの幼虫のエサ交換の作業を進めています。
お正月休みの間の遅れを店長と一緒に一気に取り戻すつもりです。

今回の作業で出て来たヒラタクワガタなどの大きな幼虫の紹介をしたいと思います。

宮崎県産ヒラタクワガタの幼虫こちらの画像は、昨年(2017年)9月25日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに投入したヒラタクワガタ(宮崎県産)の大きなオスの終齢幼虫です。

昨年の夏に入荷した天然ヒラタクワガタのメスを産卵させましたが1本目で19グラムに乗る事が余りなかったので今後が楽しみです。

ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

ヒラタクワガタ(宮崎県産)の幼虫をマットボトルに入れました。2本目は、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)による縮みを回避して大きく育てる為にマットボトル850ccへ投入しました。

★マットボトルとは、無添加虫吉幼虫マット木製マットプレスを用いてボトルにカチカチに固く詰め込んだ虫吉オリジナルのアイテムです。

無添加虫吉幼虫マットは、一般的な添加剤発酵マトと異なり、ボトルの中で残留添加成分の腐敗による発酵ガスや発酵熱が発生しないので幼虫にも安心な上に劣化が遅いので思いっきり固く詰め込んでおくと3から4ヶ月毎の交換で済むので交換頻度を落とせて幼虫へのストレスも軽減できます。

ガス抜きや加水も不要です。

※泥状になりにくいのでズボラ飼育が可能です。

勿論、2本目のマットをギリギリまで引っ張って、出来ればこのまま(2本目)で羽化させたいところです。

ヒラタクワガタ(福岡県福津市産)の終齢幼虫こちらは、2017年10月13日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに投入したヒラタクワガタ(福岡県福津市産)の終齢幼虫のオスです。

昨年の福岡は夏の前半に雨が多かったので夏の後半から初秋に掛けて何とか産卵用のメスを採集して産卵に至りました。

こちらも先ほどの宮崎県産のヒラタ同様に2本目はマットボトル850ccへ投入しました。

トクノシマヒラタクワガタの終齢幼虫こちらは、10月8日に1本目のブナ菌糸ビン550ccに投入したトクノシマヒラタクワガタの終齢幼虫です。
1本目にしては、先ず先ずのサイズだと思います。

★2018年3月21日追記:【トクノシマヒラタの産卵方法

マットボトルに菌糸ビンシャベルで穴をあけます。2本目は、マットボトル850ccに投入しましたが大きな幼虫を投入する際は、菌糸ビン用のシャベルもしくは、エサ交換用スプーンで幼虫が入る程度の大きさの穴を掘って投入すると楽です。

幼虫をマットボトルに入れます。あとは、幼虫をスプーンで慎重に持ち運んでボトルに入れて蓋をして交換作業の完了です。
※次は、3から4ヶ月後の交換になりますが、その際に蛹室(楕円形のサナギの部屋)を作っていたら交換は行わないでください。

ヤクシマコクワガタの終齢幼虫こちらは、2017年9月15日に1本目のクヌギ菌糸ビン550ccに投入したヤクシマコクワガタの終齢幼虫(オス)の7グラムです。

昨年の夏に入荷したメスで産卵させて産まれた幼虫です。

ヤクシマコクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

マットボトルに幼虫を入れます。2本目は、オオクワマット(飼育ボトル550cc木製マットプレスで固く詰めた物)に投入しました。

550ccのボトルは、容量が小さいのでマットを詰める際は、思いっきり強く押し詰めてください。

詰め込みが弱すぎると途中で乾燥したり緩んでしまい正常に生育できない恐れもあります。

ヤクシマコクワは、他のコクワガタの亜種よりも少し早く蛹化するので2本目で羽化すると思います。

昨年は、7グラムで51ミリ(52ミリに限りなく近い)が羽化したので今年もパーソナルベストサイズを目指したいと思います。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>

コクワガタの幼虫飼育方法>>