山の日の夜間採集とオキノエラブノコギリの爆産

本日、8月11日(山の日)から15日まで夏季休業日を頂いておりますが本日早朝の昆虫採集と先日行ったクワガタの産卵セットの割り出しの様子をお伝えしたいと思います。
※昆虫好きの人間にとっては、夏場は定休日でも採集の血が騒ぎ出します。

樹上の樹液に厚真ていたカブトムシのペアです。この時期に樹液のピークを迎えているクヌギが多く、大量に出ている樹液に「漏れ無く」と言っても良いくらいカブトムシが集まっていました。

今年は、MサイズからLサイズ相当(65から70ミリ前後)が多いのですが75ミリを超える大型のオスを余り見かけません。

今晩も定休日を利用して採集に出かけたいと思います。
※お気に入りの形の大型個体を飼育する為の採集です。
(地元産のカブトムシの越年にチャレンジしたいと思います。)

天然カブトムシの販売コーナー>>>

 

コクワガタとカナブンです。カナブンやコメツキムシと一緒に樹液を吸う大型のコクワガタです。

先日、お客様からカナブン飼育を楽しんでいるというご報告を頂き飼育してみたくなりましたのでカナブンのみを持って帰りました。

この時期になると平野部では、ノコギリクワガタが姿を消してコクワとヒラタなどの越冬可能な寿命が長い種類のみ見かける様になります。

毎年の事ですがお盆が終わると幼虫飼育の秋に突入するので、そろそろクワガタ採集も終盤戦です。
※9月になると近所の草むらで秋の鳴き虫(マツムシなど)の採集を楽しむ程度になってしまいます。

 

先日、ヒラタやノコギリクワガタの産卵セット組みと割り出しを行いました。
その中からオキノエラブノコギリの産卵セットの割り出しを紹介したいと思います。

オキノエラブノコギリは、トカラノコギリと同様にオレンジ色の綺麗な個体が出やすいリュウキュウノコギリの仲間です。
※今年は、天然採集品の入荷を予定しておりましたが台風の影響で来年以降へ持ち越しになってしまいました。

オキノエラブノコギリの産卵セットをひっくり返した様子です。画像は、6月に組んだ産卵セットをひっくり返した様子です。
既に大きな二齢幼虫まで育っています。
※この時点で爆産の雰囲気が漂っています。

クワガタの幼虫の成長過程

■使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)産卵用マット産卵木(LL)です。

マットの塊の中から顔を見せるオキノエラブノコギリの二齢幼虫マットの塊の中から顔を見せる二齢幼虫です。
マットの塊を砕く際は、幼虫を潰さない様に慎重に行ってください。

マットを取り除いて出てきた幼虫の大群マットと産卵木の境界付近には、沢山の幼虫が密集していました。

産卵木を取り除いて出てきたオキノエラブノコギリの幼虫の大群産卵木とマットの密着部分には、更に多くの幼虫が集団で現れました。

小さな塊からも幼虫が出てきました。小さなマットの塊の中からも過密状態で幼虫が出てきました。
この時点で既に40匹前後の幼虫を採取しました。

産卵木の中から出てきたオキノエラブノコギリの幼虫産卵木の材質が柔らかい部分には、画像の様に食痕(食べた痕跡)を残して幼虫が出てきました。

オキノエラブノコギリクワガタの割カスを保管します。念のため、割り出した後の割カス(マットと朽木片)は、再び飼育容器に戻して4週間から1ヶ月ほど保管後に再びひっくり返して幼虫の有無を確認してください。
※1回の割り出しで100%の全回収は、慣れていても難しいです。

今回のオキノエラブノコギリの幼虫の割り出し結果(51匹)今回の割り出しで出てきたオキノエラブノコギリの幼虫51匹です。

やはり、爆産でした。

カップに無添加虫吉幼虫マットを入れて養生させます。一時管理用カップには、無添加虫吉幼虫用マットを固めずに入れて4から7日ほど養生させてから二齢幼虫から優先的に菌糸ビン550ccもしくは、マットボトル850ccに入れます。

カップには、ビニールテープなどに種類や割り出し日などの情報を記載して1匹ずつ貼っておくと上手く管理ができます。

8月の後半は、幼虫飼育の秋に向けて忙しくなりそうです。