トカラノコギリ、ヤクシマノコギリ、壱岐ノコギリの羽化

11月になり徐々に朝晩が肌寒くなりました。
徐々に日照も短くなり、ココパウダーマットの乾燥に苦戦中です。

今日は、現在進行中の10月に羽化したクワガタの掘り出しで出てきたノコギリクワガタの仲間を少しだけ紹介したいと思います。

壱岐ノコギリ70ミリ画像は、10月上旬羽化の壱岐産ノコギリクワガタのオス70ミリ(約70.5ミリ前後)の超特大のオスです。

9月に引き続き2匹目の70ミリオーバーです。

9月29日に紹介した壱岐ノコギリ70ミリの羽化情報>>

昨年入荷した天然個体で産卵セットを組んで生まれた幼虫を育てました。

●エサ交換のリレーは下記の通りです。

・1本目(2017年11月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月4日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年8月7日に蛹室(蛹の部屋)を作っていたので3本目の交換無し。

2本目は、いつもの様に終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を回避して大きく育てるためにマット飼育へ切り替えました。

ノコギリクワガタの仲間は、夏の気温が安定しない時期にエサ交換(終齢時)を行うと落ち着きが悪くなって潜らない事が多いので夏の交換を省略するズボラ飼育をしてしまいました(汗)

無添加虫吉マットは、異常に持ちが良いので4ヶ月くらいは引っ張れるのですが・・・
とにかく、無事に大型化してくれて良かったです。

今回の個体は、近日中に販売できそうです。

ヤクシマノコギリ66ミリこちらは、10月最新羽化のヤクシマノコギリのオス66ミリの特大サイズです。
今年羽化の個体は、殆ど湾曲が鋭く格好が良い物ばかりです。

こちらも昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵させて生まれた幼虫を育てました。

ヤクシマノコギリの産卵を紹介した過去の記事>>>

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年11月11日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2018年2月4日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年9月9日に前蛹(蛹の直前段階の幼虫)だったので3本目の交換無し。

こちらも最初に紹介した壱岐ノコギリと同じ理由でズボラ気味の飼育になってしまいました。

ヤクシマノコギリは、他にも羽化していますので翅が固まり次第に順次販売予定です。

トカラノコギリ悪石島66ミリこちらは10月中旬に羽化したばかりのトカラノコギリ(悪石島)66ミリのオレンジ色の奇麗な個体です。

●エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年8月13日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年11月28日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2018年5月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2018年9月7日に蛹になっていたので4本目の交換無しです。

トカラノコギリは、メスの羽化状況(在庫状況)にもよりますがペアが揃いましたら販売可能です。

トカラノコギリの産卵方法>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>