無添加マットでの半端ない巨大カブトムシの幼虫飼育

こちら福岡県福津市は、朝晩は冷え込みますが日中は、気温が上がり春の訪れを感じます。 今日は、1月22日に私有地の山から掘ってきて繁殖場の19℃前後の場所で飼育している天然のカブトムシの幼虫のエサ交換の様子をお伝えします。…

スジブトヒラタ幼虫の菌糸ビン→マットへの交換の様子(2019年2月)

今日の福岡県福津市は、晴れの暖かい一日でした。 今年の九州の冬は、暖冬傾向で日中の最高気温が一桁になる日が少ない珍しい年です。 なので羽毛布団や厚手のジャケットの出番が殆ど無いまま春を迎えそうな感じです。 今回は、先週末…

トカラコクワの幼虫の菌糸ビン交換(大型幼虫の飼育状況)

今日の福岡県北部は、朝は冷え込みましたが日中は、暖かい1日でした。 明日は、15度を超える春の陽気になる予報が出ています。 今回は、週末に行ったトカラコクワガタの1本目の菌糸ビンから2本目のマットへ交換した際に出てきた大…

アマミノコギリとトカラノコギリなど幼虫のエサ交換(菌糸ビン→マットへの切り替え)

いよいよ今年も残り半月となり、虫吉では急ピッチで年内の飼育を進めています。 週末は、羽化チェックと並行して幼虫のエサ交換を行いましたので、少しだけ紹介したいと思います。 画像は、2018年9月8日に1本目のブナ菌糸ビン5…

本土ヒラタの12月の菌糸ビン→マットへの切り替え飼育の様子

今日の福岡県は、曇り時々雨の天気でしたが、12月とは思えない程の暖かさで日中は、25度くらいまで気温が上がりました。 流石に幼虫飼育場の温度が上がりすぎるので冷房を入れてしましました。 ※12月で冷房をつけるのは初めてで…

ネブトクワガタの幼虫飼育経過とクチノエラブノコギリの羽化

九州北部は、日中の最高気温が20度を下回り始めましたので繁殖場の成虫達も別棟の冬眠用ブース(無加温ルーム)へお引越しを行いました。 今回は、昨日行った幼虫のエサ交換の様子と先日紹介出来なかった新成虫を紹介したいと思います…

国産オオクワ幼虫の2018年10月の菌糸ビン(エサ)交換の様子

10月も中旬に入り、朝晩が冷え込み始め急に秋が深まった感じがします。 ※今年は、例年よりも早く気温が下がり始めていますので短い秋になりそうです。 今回は、菌床ブロックの在庫の関係で9月に行う事ができなかった国産オオクワガ…